マイクロソフト

Windowsのセキュリティ・ホール修正パッチ 8月分

更新日:

adsense

Windows(Microsoft) Update

Microsoft Update
MS、8月の月例パッチをリリース--過去最多の23件の脆弱性に対応
自動アップデートにしていたので、今日PCを立ち上げたらいきなりガリガリとダウンロードし始めました。それも今回は大量に更新が来ている様子。今月Microsoftよりリリースされたパッチは緊急9件、重要3件の合計12件です。
■緊急
(1)Server サービスの脆弱性により,リモートでコードが実行される (921883) (MS06-040)
(2)DNS 解決の脆弱性により,リモートでコードが実行される (920683) (MS06-041)
(3)Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (918899) (MS06-042)
(4)Microsoft Windows の脆弱性により,リモートでコードが実行される (920214) (MS06-043)
(5)Microsoft 管理コンソール (MMC) の脆弱性により,リモートでコードが実行される (917008) (MS06-044)
(6)HTML ヘルプの脆弱性により,リモートでコードが実行される (922616) (MS06-046)
(7)Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) の脆弱性により,リモートでコードが実行される (921645) (MS06-047)
(8)Microsoft Office の脆弱性により,リモートでコードが実行される (922968) (MS06-048)
(9)Windows カーネルの脆弱性により,リモートでコードが実行される (917422) (MS06-051)
■重要
(1)Windows エクスプローラの脆弱性により、リモートでコードが実行される (921398)(MS06-045)
(2)Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される (920958)(MS06-049)
(3)Microsoft Windows ハイパーリンク オブジェクト ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される (920670)(MS06-050)

adsense_336px



adsense_336px



-マイクロソフト

Copyright© 星を見る人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.