コラム・解説

Window Vista + ニンテンドー Wi-Fi USBコネクタで接続不調時の対処法

投稿日:

adsense

Wi-Fi USBコネクタ

私が現在メインとして使用しているPCのOSにはWindow Vistaを使用しており、ニンテンドーWi-Fi USBコネクタを使用してDSのWi-Fi対戦を行う時に以下の症状が発生することがあります。
ファイアーウォール設定は問題なし
・DS本体をPC登録ツール最新版にて登録済みで、普段は正常にWi-Fi通信が行えている
・USBコネクタ自体のランプは点滅している(PCが認識している)
・DS側でWi-Fi接続を行うと、最初はアンテナが立つがしばらくするとアンテナが切れて通信不可に陥る(PC登録ツール側でも同様の流れが確認できる)
・DS側でWi-Fi設定 → Wi-Fi接続先設定 → ニンテンドー 「Wi-Fi USBコネクタへ接続する」にて実施できる接続テストでもUSBコネクタへの接続テストが完了するけれども、その後の接続テストで切れる
たまにこの症状が発生し、パソコンを再起動すると直る
毎回再起動していたのですが、再起動しなくとも復帰する可能性が高い方法があったので解説します。主にパソコン側の操作です。

説明なので飛ばしても構いません

USBコネクタがWi-Fi接続完了までに必要な処理をステップ分けすると、以下の通りです。
ステップ1.DHCPでIPアドレスを取得する
ステップ2.http://conntest.nintendowifi.net/に接続する(インターネット接続テスト実施)
(※ステップ3以降はインターネット接続可能確認後の処理なので、ステップ2が成功すればよほどの事が無い限り全て成功します)
パケットを追うとステップ2でつまづいているのが特徴です。
DS WI-FI通信時のパケットのやり取り
USBコネクタのランプが点滅し、DS本体とUSBコネクタ間での接続テストは正常に行えることから、接続不調の原因がUSBコネクタではなくPCに原因がありネットワーク共有が行えていない可能性が高いです。

必須ではないけれども実施しておいた方が良いこと

Vistaでは初期設定としてIPv6アドレスを設定してくれます。
しかし、Wi-Fi通信では全く使用せず、不要なネットワークプロトコルが多数動作することによる不安定さを招くだけで利点は全くありませんので、停止しておきましょう。
スタート → コントロールパネル → ネットワークと共有センター → ネットワーク接続の管理 → 「Nintendo Wi-Fi USB Connector」と説明があるデバイスを右クリック → プロパティから「インターネット プロトコル バーション 4 (TCP/IPv4)」以外は不要なので全部チェックを外しましょう。
ネットワーク接続のプロパティ

接続不調時の対処

1.スタート → コンピュータを右クリックして「管理」を選択
2.サービスとアプリケーション → 「サービス」を選択
3.Internet Connection Sharing (ICS) サービスを右クリックして再起動
コンピュータの管理からICSを再起動
4.サービスが再起動し終わったらDSコネクタを抜き差しする
5.コネクタのランプが点滅し始めたらDS側でWi-Fi接続を行う

adsense_336px



adsense_336px



-コラム・解説

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.