雑記

USB加湿器で空気乾燥対策と風邪予防

更新日:

adsense

USB加湿器

まだ空気が乾燥する、この季節。
近年、様々な機器のUSB化が進んでいますが、加湿器までも電源USB供給タイプになっており、非常に興味深かったので購入。
似たようなものでUSBタイプのマイナスイオン発生器がありますが、加湿器は霧が目に見えて分かるので効果が実感でき、今のところ満足しています。


今回購入したのは以下のグリーンハウス製の黒タイプ。店頭価格で2999円でした。
USB加湿器 | GH-USB-MISTシリーズ
熱が発生せず、霧状で噴出す方式。
コンパクトなサイズで250ml貯水でき、当分水の入れ替えはしなくて良いのが嬉しいです。
USB加湿器
付けっぱなし防止機能付きで、電源ボタンを付けっぱなしにしても2時間経つと自動で運転停止します。
Amazonでは白タイプが安い様子。
USB加湿器 ホワイト GH-USB-MISTW
USB加湿器 ブラック GH-USB-MISTK
パッケージ開封後、本体のカバーを開けて水を入れます。
次に付属のスポンジ(予備に2個あります)をセットし、USB電源ケーブルをパソコンに挿して電源ボタンを押下。LEDランプが点灯したら霧が噴き出しますが、初回だとスポンジに水が染み込むまで時間がかかるようです。しばらく放置しておくと、本格始動し、次回からは電源スイッチをONにする度に勢いよく霧が噴き出します。
本体電源スイッチをONにしたままにしておけば、USBケーブルを挿した瞬間から動作するので、使いたい時だけUSBケーブルを挿し利用しています。
USB加湿器
最初は電化製品に対する湿気が気になりましたが、USBケーブルは1.2mもあるので十分でした。気になる方は置く高さを変えるなり、USB延長ケーブルで伸ばすなりすれば対策できると思います。

adsense_336px



adsense_336px



-雑記

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.