トップページタブブラウザ特集 > Sleipnir(スレイプニル)

Sleipnir(スレイプニル) - 頻繁な更新で国産タブブラウザの代表

Sleipnir(スレイプニル / スレイプニール)

国産タブブラウザの中でも特に更新頻度の高い、高機能タブブラウザ。バージョン1.66で更新停止。
お気に入りが単独なのでこれから使い始めようと思う人は、IEからの移行がしやすい2をおすすめ。

最新版のダウンロードが行えるページへ本家サイトへ


Sleipnir2(スレイプニール / スレイプニル ツー)

作者がノートパソコン盗難事件をきっかけにフェンリル株式会社を設立、1以上に力を入れています。
ウィザード形式でIEの設定も引き継ぐことができ、メニューバーの配置もIE使用者が移行しやすい形。

初回起動時に標準のブラウザに設定するか聞いてきます。
「もうIEには戻らない」と思っている場合は「はい」を押すことでデフォルトのブラウザとなります。
標準のブラウザに設定しますか?のダイアログ

公式サイトではSleipnirは「上級者向け」で初心者お断りのスタンスということになっておりますが
多機能のために項目が多いだけで、普通に使う分であれば初心者にも全く差し支えありません。


タブにマウスを持ってくると自動的に×印が表示され、そこを押すとタブを閉じます。
アイコンなども初心者にも取っ付きやすいインターフェイスなので十分IEから乗り換えの候補となるでしょう。
標準状態で多機能で使いやすいSleipnir

Sleipnirのオプション設定画面では多彩な設定が行えます。早めに自分の好みの設定を見つけましょう。
Sleipnirのオプションでは多数の設定が行える

標準(デフォルト)でRSSリーダーマウスジェスチャーなど流行機能を備えており
起動も初期状態のFirefoxより若干早く、クイックランチャーも付属、各性能が高いバランスタイプと言えます。

RSSを利用するには[表示]→[エクスプローラーバー]→[RssPlugin]でサイドバーに表示させ
そちらから手動登録するか、直接RSSを放り込めば購読できるようになります。
タブブラウザとしては定番機能のRSSリーダー


クイックランチャーをPC起動時に自動的に起動させたい場合は「SleipnirSpeedLauncher」本体
またはショートカットを[スタート]→[すべてのプログラム]→スタートアップに放り込んでおきましょう。

パソコンを起動した直後から「Sleipnirが早く起動できる」機能を持たせることができます。

Sleipnirを実行してから起動するまでの時間をかなり速くできるクイックランチャー

Sleipnirはプラグインによるカスタマイズ性も豊富で完全ではないにしろ
Geckoエンジンにも対応したことからIEのセキュリティホール(脆弱性)が気になる上級者もカバーしています。

最新版のダウンロードが行えるページへ本家サイトへ



タブブラウザ特集へ戻るTOPページに戻る