トップページタブブラウザ特集 > Donut(ドーナッツ)ファミリー

Donut(ドーナッツ)ファミリー - 画面に無駄がなく クセのない操作感

Donutシリーズは基本機能(タブ複数行表示マウスジェスチャーなど)を備えており
動作も軽く、クセのない操作感なのでIEを使っていた人も乗換えがしやすいタブブラウザのうちの一つです。


Donut RAPT (ドーナツ・ラプト)
本家Donut」と「Donut R」の良い所を取り入れているので高機能。Donutファミリーの標準的な存在。

選択範囲のリンクを全て開く「リンクを開く」機能、リンク抽出やアンカー作成など
便利な機能も豊富に揃えられており、オプションで多彩な設定が行えます。
Donut系はどれも似たような設定が行えます

最新版のダウンロードが行えるページへ本家サイトへ


Donut Lと Q (ドーナツ・ エル / キュー)

これらは機能限定版。動作も軽く、本体をダウンロードして解凍した後もフロッピーディスクに納まるファイルサイズ。
LはQよりもさらにファイルサイズが小さいのでロースペックパソコンの人にはありがたいものとなるでしょう。

ウェブ閲覧のための画像を少しでも多く使うコツの項と被りますがここでちょっとアドバイス。

以下に示している図は、左図がIEにGoogleツールバーを導入した一般的な例。
右図がDonut Qに「多機能検索バー」と「アドレスバー」を標準ツールバーの右へ詰めた状態。
IEにGoogleツールバーのみを導入した一般的な例Donut Qに「多機能検索バー」と「アドレスバー」を標準ツールバーの右へ詰めた状態

「なんとなくIEを使っている」人と「とりあえずタブブラウザ使用+メニューバーを寄せる」だけでも
画面の見やすさや複数ページを開いた時などにネット閲覧の快適さに違いが表れます。

DonutもそうですがIEをベースにしたタブブラウザはIEの機能や設定が全て使えます。
長年愛用する場合、IEではなくDonutなどの高機能な上位タブブラウザの方がおすすめです。


Qは、Lでは外された検索バーマウスジェスチャーを搭載した上でファイルサイズが小さくて軽く
作者の意図により実行ファイルが猫アイコンなので愛用者の数など比較すると総合的にQの方が有利な気がします。
実行ファイルが猫アイコンで、起動した状態の左上も猫アイコンDonut系共通の設定はやっぱり豊富に行える
機能を削ったとはいえ[ツール]→[Donutのオプション]ではしっかりと(Donut系共通の)多くの設定が行えます。

最新版のダウンロードが行えるページへ本家サイトへ


unDonut (アンドーナツ)

管理人が愛用していたDonutPの改良版。unDonut用のヘルプがないのでDonutP用を参考。
メニューバーの配置がIEと非常によく似ているのでIEから少しの違和感を感じることもな移行できます。
操作も似ていて多機能であるなら、IEよりunDunutの方がお得

ダウンロードし解凍した後はsetup.exeを実行するか、[ツール]→[Donutのオプション]→[関連づけ]から、
ファイル形式にチェックをいれれば、通常使うブラウザに設定できます。

最新版のダウンロードが行えるページへ本家サイトへ

Donut系はどれも一度慣れると非常に使いやすいタブブラウザです。

早めのうちに[表示]→[ツールバー]からツールバーをカスタマイズしたり
[ツール]→[Donutのオプション]のオプションで自分に最適な設定を見つけることをおすすめします。
(例えば私の場合、タブバーをダブルクリックで閉じるように設定しています。)



タブブラウザ特集へ戻るTOPページに戻る