セキュリティ

Niftyのセキュリティサービスに不具合 利用者1518名が「Sasser」ウイルスに感染

更新日:

adsense

@niftyの「常時安全セキュリティ24」の不具合により会員サービス利用者がウイルス感染

@Niftyが行っている”会員向け”セキュリティ対策サービス「常時安全セキュリティ24」に不具合が発生。
会員1,518名Sasserウイルス(ネット接続だけで感染するワームタイプ)に感染。
Nifthによると不正侵入防止機能のメンテナンス作業での設定不備により不正侵入防止機能が働かなかったため、内部の会員同士で感染していない人達の間で感染合戦が行われていたようです。
ニフティ、セキュリティ対策サービスの設定ミスで1518名がウイルスに感染
Nifty:「サービス利用者外へのセキュリティ対策機能の不具合は発生しておらず、サービス利用者以外のウイルス感染はない」


会員性・有料サービスは信頼が命であるなのにも関わらずこうした事態が起きては「どこが常時安全だ!」と強い非難を浴びせられること間違いなしで、企業として信頼性にかなり痛手を受けるでしょう。
■Sasserウイルス感染について
Nifty調べによるとセキュリティ対策をこのサービスに頼っていた1,518名が感染を確認済みで
「@niftyウイルスチェックサービス」でウイルス感染のチェックと駆除作業を行えるとのこと。
他にも2,717名がウイルスの感染活動を受けた形跡があると発表していますが
こちらはキチンと「Windows Update」をしている人は防げている人も多いはずです。
(このワーム型ウイルス系列はWindows Updateで2004年7月のセキュリティパッチで対応済み。)
▽Niftyの取った行動まとめ
ニフティ株式会社にて「常時安全セキュリティ24」一部機能の不具合について」を公開
■Sasserに感染した利用者に個別にメールで対処方法などを通知(郵便による通知も実施予定とのこと)
お客様専用窓口を設置
(受付時間:11月15日~から12月16日/毎日9時~21時/電話番号 0120-221-082)
■ウイルスの確認、駆除ができない場合はウイルス駆除のための専門スタッフの派遣申込も受け付け
Nifty:今後このようなことのないよう再発防止と一層の品質管理体制の強化に努めてまいる所存です。

adsense_336px



adsense_336px



-セキュリティ

Copyright© 星を見る人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.