P2P(Winny等)

JR西日本までもがWinnyウイルスに感染し個人情報流出

更新日:

adsense

Antinnyにかかり、JR西社員を含む個人情報が流出

ウイルス感染でWinny上に個人情報を流出 - JR西日本
帰ってから作業をしようと社内のデータをフロッピー経由で自宅のパソコンに保存、Winnyウイルス(Antinny)に感染してデータが流出。
流出経路や原因については「いつものケース」といえばそうなのですが、前にも増してウイルス感染からの個人情報流出事件の頻度が異常になっています。
JRのような有名な企業も混ざっていることから、あたかも流行ってるからうちも!うちも!と競い合ってるかのような印象を受けるのは錯覚でしょうか。
JRでは25日ウイルス感染に伴う社員情報などの流出についてが発表されており、顧客2人と神戸支社社員285人の個人情報が流出したことと「これからは気をつけます」の意を込めた文が記載されています。
探してみましたが今月の企業・職員のWinny流出事件(発覚したもの)だけでもこんなにあります。
■警察官33人分の情報流出 広島県警、ウィニーで
北海道職員ら3500人分の情報、ウィニーでネット流出か
自衛隊病院の医療情報流出 「ウィニー」で59人分
静岡県内のドコモショップ、Winnyネットワークに顧客情報流出
またもやWinny上に原発の検査情報などが流出
■個人情報のネット流出で7人を処分/由利本荘市消防本部
これからさらに増えていくことや、発覚していないだけでWinnyネットワーク上に流れ続けている情報も含むと嫌でもセキュリティ対策をしっかりしないといけない世の中になっていることがわかりますが、浸透しているところはまだ少ないようです。

adsense_336px



adsense_336px



-P2P(Winny等)

Copyright© 星を見る人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.