ニュース(単独)

自称中学生が違法MP3配布サイトを作成していたので2ちゃんねらーに叩かれているようです

更新日:

adsense

自称中学生(以下H・なぜ自称なのかは後述)がJ-POPのMP3をダウンロードできるサイト(以下サイトA)を制作していたとして、2ちゃんねる上で話題になっています。
■経緯
2ちゃんねるにサイトAを糾弾する内容のスレッドが立つ

サイトAに掲載されていたHの本名をもとに発見した彼の旧サイトから住所と通学先の中学校名発見

別サイトの掲示板からHが他の中高生に窃盗を教唆するログ発掘

さらにそのログから窃盗で月100万円を手にしているという発言を発見

それらの発言を裏付けるYahoo!JAPAN Auctionsの履歴を発見

サイトA閉鎖

なぜかHの通学先(とされている)中学校のサイトも閉鎖

2ちゃんねる利用者達がマスコミに告発
これらの事から現在「著作権法違反」「窃盗容疑」「知的財産権侵害」という疑惑がかかっています。


■“自称”中学生?
* 2004年8月にヤフーオークションで防犯ゲートを落札しているとの証言
* 2005年10月時点でヤフーオークションに防犯ゲート出品
* 本人の記載したプロフィールの誕生日が11月21日
Yahoo!JAPAN Auctionsの登録は18歳以上でないと行えないのでHは2006年2月現在20歳以上であると推測されます。
仮に20歳以下であるとすれば、それはヤフーオークション利用規約に反します。
自称より信憑性の高い情報を優先し、成人として対応することにしました。
■結局何がいけないの?
サイトAにはJASRACの許可証が貼り付けてありました。
しかし、JASRACの許可証が有効なのはmidiなどのカラオケのような音楽の場合です。
歌手本人が歌っている場合はその歌手に、演奏者がいる場合はその演奏者に許可を得なければなりません。
それらの処理を一括して受けてくれるのがavexやEMIなどのレコード会社です。
つまり、CD音源のMP3を流すにはJASRACの許可証だけでなく各レコード会社からの許可も必要なのです。
しかし、実際は、「個人サイトでの著作物の使用は一切許可しておりません」(avex)というのが現状のようです。
■意見とか
万引きで月100万は大げさだろうと思っている方がほとんどだと思います。
しかしHは万引きの研究をするために防犯ゲート(約12万円)をオークションで購入していました。
このような事実を見ると、月100万円というのも大げさではない気がしてきます。
そして、そんな高価で大きい物を部屋に運び込んで親が気づかないはずはありません。
もし、親が彼の万引き行為を黙認していたのであればまたこれも問題になるでしょう。
自称中学生の彼は、自分のサイトに高校に推薦で合格したと書いていました。
もしこのような生徒が高校に入学したとしても規律を守った生活ができるはずがありません。
この先きちんと生きていきたいならきちんと罪を償うべきでしょう。
今後の動向に注目です。
■関連リンク
  静岡県浜松市自称男子中学生による違反行為疑惑について
  ホームページでBGMを流す手続きは?

adsense_336px



adsense_336px



-ニュース(単独)

Copyright© 星を見る人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.