コラム・解説

真空波動研SuperLiteで動画ファイルのビットレートを解析

投稿日:

adsense

真空波動研SuperLite

真空波動研SuperLite
動画ファイルの詳細を知ることができる「コーデックチェッカー」の中で古くから存在し、MPEG-4 AVC/H.264(MPEG-4/H.264)ファイルにも早めに対応するなど解析実績・品質が長年安定している「真空波動研」。そのコーデックチェック機能部だけが抜き出されたソフトです。
対応コーデック名は550種類以上で、解像度、再生時間、映像に使用しているビデオコーデック/ビットレート/解像度 /フレームレート、音声に使用しているオーディオコーデック/ビットレート/Ch/サンプルレート を知ることができ、パソコンにコーデックが無くて再生できない動画ファイルでも、何のコーデック名なのかを知ることができます。
使い方は解析したい動画ファイルを「SinkuLite.exe」にドラッグ&ドロップするだけ。

解析例:デスクトップキャプチャソフト「アマレココ」の可逆方式でキャプチャした動画ファイル

真空波動研SuperLite
表示されたデータは右クリックから「詳細のコピー」でクリップボードにコピーできます。
---------------------------------------------------------------------
888x664 32Bit AMV3 Codec 30.00fps 18206f 111888.21kb/s
PCM 44.10kHz 16Bit 2ch 1411.20kb/s
[RIFF(AVI2.0)] 00:10:06.866 (606.866sec) / 8,594,716,672Bytes
---------------------------------------------------------------------

adsense_336px



adsense_336px



-コラム・解説

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.