株/経済

初めて本物の株式を購入

投稿日:

adsense

「維持費が無料なんだしいつの日か開設しよう」と思っていた『インターネット銀行(以下ネットバンク)の口座』とネット株用の『証券口座』の開設手続きへ実際に踏み切ったのはまだ2ヶ月前の事になります。
私はインターネットサービスを利用する機会が多いので数日前にゆうちょ銀行の残高千円未満はイーバンク口座に移動させ、現在は入出金口座にイーバンク銀行をアクティブに利用中です。ネットサービス利用には何かと便利なのでまだネット口座を持っていない人は検討してみてはいかかでしょう。


本題のネット株取引についてですが、イートレード証券の口座を開設後は取引体験目的で小額の余裕金を入金したまま放置していました。
テレビで見かけるような黒画面でのリアルタイム取引は、残念ながら市場が開いている平日の時間帯は時間が取れないのでできず、そのツール(HYPER E*TRADE)の1ヶ月の無料期間も切れてしまい、携帯電話を使ってまでリアルタイムで行おうと思う気もせず、仕方ないので昨夜イートレードサイトの注文画面から初めて手動で注文していまして、本日約定していました。
今回は余裕金を一般的な取引方法である「現物買い」、そして株×最低単元が3万円以下の銘柄なので下がっても悔いはありませんし、利益優先ではないので株本も買いませんし、深く進む気はありません。
あっさりできてしまいましたが、小額とは言え、数万円の資産がクリックとパスワード入力で動いたのには今でも緊張感が残っています。デイトレードする時間などないのでしばらく保有することにしますが、たくさんの銘柄や数量を購入しすると値の変動が1日中気になってしまいそうなので株取引はまだ私には時期が早いと感じました。
イートレードでの株取引
■ネット銀行のイーバンク銀行 (Wikipedia)

手数料が安いのがネットバンクの強み。イーバンクでは複数ある支店名から自分で選べました
■ネット株のイートレード証券 (Wikipedia)

機能豊富で手数料も安く、何より初心者向けなのでこちらにしました

adsense_336px



adsense_336px



-株/経済

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.