コラム・解説

ポータブルHDDの自前構築でUSBフラッシュメモリから乗り換え

更新日:

adsense

ポータブルHDDを作成

USBフラッシュメモリやUSB_SSDはUSBポートに挿すだけで利用できる外部ストレージデバイスですが、なくしやすかったり値段が高かったりするので、手軽に持ち運びできる大容量の外部ストレージはポータブルHDDが便利です。
市販の外付けHDDには3.5インチ版と2.5インチ版があり、このうちポータブルHDDとして謳われているのは後者です。大きさや重さの違いもさることながら、電源コンセント不要でUSBに挿すだけで使える「USBバスパワー」駆動が魅力。
ハードに詳しい方はご存知かもしれませんが、実はいずれも単に内臓HDDとUSB外付け化ケースを合体させた完成品を販売しているものであり、自前で内臓HDDとUSB外付け化ケースを用意すれば価格.comの完成品よりも安価でUSB外付けHDDを入手することができます。
電源コンセント必須でも良いのであれば3.5インチの方が圧倒的にパフォーマンスは高いのですが、私は2.5インチの利点である「小型軽量」「電源コンセント不要」の方が好きなので、今回は「2.5インチHDD+USB外付け化」を行いました。


価格.comで2.5インチHDDを調べてみると現在500GBが最大容量のようで、これと2.5インチ用の外付け化ケースを購入し組み立てることにより、完成品は約1.5万のところが実際には約1万円で済みそうです。ちょっと大き目のUSBフラッシュメモリが1万円で500GBと思えば十分。
2.5インチHDDの価格
購入にあたり気をつける点として、規格を合わせる(IDEとSATA)ことと、厚さを合わせること。例えばHDDがSATAならばケースもSATA用(もしくはSATAとIDE両対応のもの)を選ぶ必要があります。
日立IBMが良いなと思うも、残念ながら厚さが12.5mmと特殊なようなのでパスすることにします。あとサムスンは評判が悪いのでここはWESTERN DIGITAL製 WD5000BEVT(SATAの9.5mm) を選択。
ドスパラ店頭で購入。次はケース選びですが、吟味するのが面倒くさいので同店で適当にSATAの9.5mm用USB化ケースがあったので同時購入。
WD5000BEVTと外付けHDDケース
機材が揃ったので組み立てます。
ドスパラでHDDと外付けケースを購入
組み立てるといってもハードウェア知識に長けていなければ難しいわけではなく、ケースの中にHDDを入れて両サイド(図では接続ラインの上と下)を付属のドライバーとネジで固定するのみ。
HDDと外付けケースをファミコンのカセットのように差し込みます
この作業だけで数千円浮いたと喜んでいたらフォーマット作業が残っていました。完成済みポータブルHDDはフォーマット済みのためすぐに利用できますが、今回の場合、HDDが完全に新規なので認識してくれません。認識できるように「コンピュータの管理」からディスクの初期化をします。
HDDの初期化
次にフォーマットですが、NTFSよりもFAT32の方が何かと便利(例:PS3はNTFSを認識せず)にも関わらずWindows2000/XP/Vistaでは32GB以上のHDDをFAT32でフォーマットすることができません。 それ以外のOSからフォーマットを行うか、もしくはフォーマットソフトを使用する必要があります。購入した外付けケースにFAT32フォーマットソフトが付属していたものの、別のソフトでも行えるのか検証。
「Fat32Formatter」とバッファロー製「Disk Formatter」を試したところ、なぜか前者だと完了時にエラーが出る(ファイルは読み書きできるため実際には成功しているように見えるもののスッキリしない)ので、後者のフォーマットソフトを使用するとエラーが出ることなく正常にFAT32形式でフォーマットが行えました。
FAT32でフォーマット
梱包品のソフトケースに入れて完成。
ポータブルHDD(USBバスパワー駆動)の出来上がり
[オマケ] ベンチマークソフトの「CrystalDiskMark」で測定した結果(左が100MB、右が1000MB)
USB接続で測定

adsense_336px



adsense_336px



-コラム・解説

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.