P2P(Winny等)

ファイル共有ソフト「Winny」で1万人分の個人情報が流出

更新日:

adsense

湯沢市ホームページ
→掲示板は現在閉鎖中
情報流出のお詫び


秋田県湯沢市でファイル共有ソフトWinnyを利用した市の職員が
ウイルスに感染し、市民11,255人分の個人情報がインターネット上に流出。
Winny(関連ニュース)の存在については
今やネット中級以上の方で聞いたことがない方が珍しいかもしれません。
P2Pを使ったファイル交換ソフトの類は根本的な取締りが難しく
存在自体は違法ではないために法的整備が難しく、
利用者を減らすための見せしめ逮捕が現状では限界のようです。
ネットワーク上のファイルを自由にやりとりすることが出来る反面
危険性も伴っているのですが利用者全体では意識はまだ薄いようです。
つい最近、書店のPC関連コーナーに立ち寄ったのですが未だに
「悪用厳禁!!」や「裏○○」、「Winny、WinMXを極める!」といった
甘い表現でPC初心者を誘惑している雑誌を多く見かけることができます。
PC初心者でもそういった雑誌の内容を見よう見まねでやっていけば
簡単に利用することができるために現在も利用者が増加していますが
"初心者でもできる"からといってWinnyは決して夢のツールではありません。
現在、個人情報流出が騒がれている中でウイルスに感染してまま気づかずに
大事件に発展するケースが増えているのでインターネットを利用するには注意が必要です。
皆さんもウイルスに感染して個人情報をばらまいたり
ネットで間抜けなことをして捕まらないように注意して下さい。
■ 関連リンク
個人情報流出: 市民1万人分、ウィニー感染 秋田・湯沢市
(3月にも)ウィニーで患者の個人情報が流出 鳥取赤十字病院
「弾はまだ残っとるがよ」――2つのマルウェア発生、Winny上で個人データ流出中
ウイルス対策ソフトを持ってない人はトレンドマイクロ オンラインスキャン(無料)

adsense_336px



adsense_336px



-P2P(Winny等)

Copyright© 星を見る人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.