セキュリティ

ビーコン

更新日:

adsense

始めまして、釣堀.net(http://turibori.net/)管理人の慈円です。
このたび管理人のご好意により、このサイトでもブログを執筆することになりました。
私が管理しているサイト釣堀.netでもブログ形式で日記をつけています。
その関係上ここでの書き込み数は少なくなるので、両方のブログを
ご観覧いただければと思います。
またこのサイトではセキュリティやネットワークを全般に執筆しようと思っています。
第一回目は「ビーコン」です。ご存知でしょうか?
スパムメールや広告などのメールに使用されます。
普段あなたはどういった形でメールを受け取るでしょうか
大半の人はアウトルック・エクスプレス(OutlookExpress)ではないでしょうか。
最新版は使っていないので今はどうなのか知りませんが、昔は
HTMLメールも標準で受信していました。
(HTMLメールとは、テキスト表示だけでなく文字を装飾したり背景を表示したり
といったHTML独自のタグを表示させることができるものです。)
メールを開いた瞬間、広告画像等が表示される場合はHTMLメールを許可しています。
大抵の広告メールは画像の中や、小さな画像にビーコンが埋め込まれています。
では、ビーコンとは一体何に使うものなのでしょう。
ビーコンとは、「相手がメールを開いたかどうか」を調べるものです。
これによって「使用されているアドレスか使用されていないアドレスか」がわかります。
数日、または数ヶ月ビーコンに反応がなかったら、そのアドレスに送っても誰も見ないと
言う事になるので、そのアドレスにはメールを送らなくします。
これがビーコンの役目です。
一例ですが、(これ自体は慈円がてきとうに考えた装置です。
本物はもっと複雑なのかもしれません。)
Beacon.jpg
といった画像ファイルがあったとしましょう。
HTMLタグを使って画像を見せる場合
<IMG src="http://~/Beacon.jpg" width="xx" height="xx" border="x">
となりますね。
ビーコンを使用する場合
<IMG src="http://~/Beacon.jpg?info@turibori.net" width="xx" height="xx" border="x">
とします。
"http://~/Beacon.jpg?info@turibori.net"
このアドレスの?以降を「Getメソッド」と呼び、サーバーが
読み込みできる情報部分になっています。
掲示板等も「Getメソッド」を使って、みんなの書き込みデータを
サーバに記録して表示させています。
つまり?以降に書いてある「info@turibori.net」という情報を
サーバーが読み込み記録しています。
記録したということは、そのアドレスを誰かが読み込んだと言う事になります。
その誰かといえば「info@turibori.net」のアドレスを使用している人しかいませんね。
実際のものはGetメゾットには数値やランダムな文字だけで
後からデータベースで比較しているのでしょう。
クッキーを併用すれば「メールをしたユーザーが実際に買い物した」ことや
「ユーザーの広告クリック率」等も読み取り回収することができます。
つまりメールによる広告などは後から削除しても遅く、
開いた瞬間に相手にばれてしまっているわけです。
これの対策としては、「HTMLメールは控える」そして
「HTMLメールは自動削除」するべきです。
会社や仕事で使う場合HTMLメールというのは容量も重くなり見難くなるので
とても失礼なものです。

adsense_336px



adsense_336px



-セキュリティ

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.