セキュリティ

トレンドマイクロ社 製品に共通の脆弱性

更新日:

adsense

Trend Micro製品(ウイルスバスターに限らず)に共通の脆弱性が発見されました。
ファイル名が長いファイルを扱う際にバッファオーバフローが発生する可能性があり
同社では検索エンジンパターンファイルを7.510にアップデートすることが推奨されています。
検索エンジン VSAPI 7.510 公開のお知らせ
検索エンジンのARJファイル検索処理における脆弱性に関するご報告


SymantecやF-Secureのウイルス対策ソフトで発見されたものと同じ
アンチウイルスライブラリ(定義ファイル)に欠陥があるため全製品に影響しています。
詳しくは以下を参照して下さい。(Internet Security Systems社)
・Trend Micro アンチウィルス ライブラリでのヒープ オーバーフロー(02/25)
・Symantec アンチウイルス ライブラリでのヒープ オーバーフロー(02/09)
・F-Secure アンチウイルス ライブラリ オバーフロー(02/11)
大手ソフトウェアでもこうした欠陥や誤検知問題が度々発見されるので
ユーザ側もセキュリティ事情に敏感に反応し常に最新の注意を払う必要があります。
■関連リンク
Trend Micro Personal Homepage (Japan)
トレンドマイクロ オンラインスキャン
トレンドマイクロ サポート情報
■関連記事
トレンドマイクロ、ウイルス対策製品のほとんどに脆弱性
トレンドマイクロのウイルス対策製品に脆弱性
2度あることは3度ある--またウイルス対策ソフトに脆弱性

adsense_336px



adsense_336px



-セキュリティ

Copyright© 星を見る人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.