コラム・解説

テレビ放送をネットで視聴できる無料P2Pソフト『KeyHoleTV』

投稿日:

adsense

KeyHoleTV

P2Pネットワークを通して動画を配信したり受信したりできるソフトです。
低画質低音質でカクカクですが、登録不要・設定不要で簡単に利用できます。
KeyHoleTV
KeyHoleTVとは

総務省の「次世代P2P型コンテンツ流通高度化技術に関する研究開発」によって開発されたP2Pテレビを受信する為のアプリケーションである。通称「CRLサイバーセルフシステム」といい、送信アプリケーションKeyHoleVideo(キーホールビデオ)を使用すれば個人で配信することもできる。
総務省の地上デジタル難視聴問題解決技術の実証実験として、2007年5月24日から7月28日まで在京キー局のアナログ放送の区域外再送信の実験で使用されたフリーソフト。製作者は、苫米地 英人(とまべち ひでと)氏が代表を務めるコグニティブリサーチラボ株式会社。
次世代離散数理技術といったP2P型ネットワーク配信技術により、伝送帯域幅を極限まで押えながらブロックノイズのない映像配信がインターネット上で暗号化によりセキュアな状態でできるようになっている。


■ダウンロード(本家サイトにアクセスします)
http://www.v2p.jp/video/
ダウンロード
▼Windows用アプリケーションをダウンロードします
ダウンロード
▼警告画面
ダウンロード
▼実行画面
ダウンロード
■インストール
▼日本語が選択されているのでそのままOK
インストール
▼ライセンスを読んで同意を選択
インストール
▼インストールコンポーネントの選択
インストール
▼インストール先フォルダの選択
インストール
▼セットアップ中ですが立ち上げるかどうか聞かれます
インストール
▼閉じるを選択してインストール終了です
インストール
■使用方法
起動したら見たいチャンネルをダブルクリックで視聴できます。
視聴をやめる時は右上ピンクの「視聴の停止」を選択します。
インストール
KeyHoleTVはデフォルトでアプリケーションの多重起動ができるので複数の番組を同時に見ることもできます。

adsense_336px



adsense_336px



-コラム・解説

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.