P2P(Winny等)

ウイルス感染により個人情報流出事件が多発 いまだ話題の衰えないWinny

更新日:

adsense

ウイルス感染者も増加し いまだ話題の衰えないWinny

6月に入って間もないのですが早速ファイル共有ソフト「Winny」の話題が4つも出てきました。
使用者逮捕、作者逮捕と続き、話題性は沈静化しつつありますが、まだすべてにおいてこのソフトを上回るソフトが出ていないせいかまだまだ利用者が多い(=現役)のようです。
特にWinnyウイルス感染による個人情報流出事件が後を立ちません。最近起こったWinny関連事件をまとめておきます。


愛知県の市立小学校、全校児童の名簿がWinny上に流出~成績表も含まれる
04年3月に同市立小学校の校務主任だった男性教諭(47)が共用メモリを持ち帰り作業。
そして今年3月にWinnyウイルスを踏んだことによりハードディスクに保存しておいた
2003年度の全児童535人分と教職員約30人分の名簿データなどが流出。
教育委員会:これまでPCや情報の管理を徹底するよう指導してきたが、ご迷惑をおかけして申し訳ない
教育課:事件を教訓に、専門家の指導を受けるなど再発防止に全力を挙げたい
関連:一宮市教育委員会のWebサイト
違法ファイル交換目的 Winny使用者が証言 京都地裁公判
以前、Winny開発者の裁判については
まだ終わっていないと述べましたが、ようやく近況情報が入ってきました。
2日に第11回公判が行われたそうで
今回は既に逮捕され有罪が確立したWinny使用者が証言者として登場
「Winnyは違法なの?合法なの?」についてはまだ結論は出ていませんが
裁判はこうしてゆっくりですが着実に進んでいます。
この裁判でWinnyの合法/違法の決定によってこれからのP2P技術の歴史に
大きく関わることになるのでますます目が離せません。
ファイル交換ソフト利用者は約130万人、著作権許諾なしが9割
Webアンケートで統計が出たようで、答えた人によると
よくダウンロードするジャンルは1位が音楽、2位が映像、3位が写真とのことです。
NTTドコモ東海の基地局情報が流出
Winnyウイルスにより基地局の機密情報が流出。詳細はそちらをご覧ください。
▽その他5月頃のWinny事件
福島県のそうま農協、Winnyで共済会員603名分の個人情報流出か?
秋田県湯沢市、Winnyで個人情報11,255人分を漏洩させた職員を停職3カ月に
京都地検 弁護士会に異例の懲戒請求

adsense_336px



adsense_336px



-P2P(Winny等)

Copyright© 星を見る人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.