コラム・解説

ウイルスバスター2005がインストールできないエラーが解消

更新日:

adsense

前記事にかいてある通り「ウイルスバスター2005 インターネットセキュリティ」の
インストール時(正確にはWindows Installer起動時)に
変換する時にエラーが発生しました。
指定された変換のパスが有効である事を確認してください。

と表示されインストール作業が続行できない不具合が解決しました。


ウイルスバスターのサポートページにはウイルスバスター2004以前の特殊なレジストリを
除去することしか掲載されていないため解決方法がわからず、
サポートページのどこを見てもこの関連した記事について載ってないため
何時間も苦戦しましたがようやく解決。最初は
ウィルスバスター2005をインストールする前に
ウィルスバスター2005のインストール時に、PestPatrolのアンインストールが求められる
など、競合製品の線も探ってみましたがSpybotしか入れておらず、また、
以前は何ら問題もなかったのでこの線は薄かったので他の線を試行錯誤していたところ
どうやら一度初めてウイルスバスター2005をインストールした時に
例の「ウイルスバスター特有の特殊レジストリ」にごみが溜まっていたようです。
サポートページのウイルスバスター2005がインストールできないの項目を見たところ
専用の自動アンインストールツールが配布されており
こればかり目に行っていましたが実はこのツールは
”ウイルスバスター2005のレジストリのごみ”は除去することはできなかったのです。
私はこのツールを何度も試行して再起動を繰り返していましたが
2002、2003、2004のみしか除去できないので今から考えるとつじつまが合います。
結局のところはウイルスバスター2005の完全パッケージを実行した際に
C:\Program Files\Trend Micro\の中に解凍されますが、ここの\TOOLディレクトリに
過去のウイルスバスター用のメンテナンスツールが入っていました。
ファイル名はPCCTool.exeです。
これはウイルスバスターのサポートページで公開されていた
専用除去ツールであるpccuinst.exeとは似て異なるもので
これはデバッグやアンインストールなどの項目があり
ウイルスバスター2005の不要レジストリも取り除くことができました。
実行後再起動してウイルスバスター2005パッケージを実行。
すると魔の変換するときにエラーが発生しました。が出ることなく
インストールが最後まで進行できました。
ウイルスバスター2005を一度でもインストールしたことがある時に
特殊レジストリにごみが付属してしまう仕様に関しては
サポートページのウイルスバスター2005のアンインストール方法などを見ても
現時点では全く触れられていなくウイルスバスター2004以前の除去についてしか
解説されていないため一時はどうなるかと思いましたが
現在はアップデートし最新のパターンファイル検索エンジンにて愛用しています。
■トレンドマイクロ関連リンク
トレンドマイクロホームページ
トレンドマイクロ オンラインスキャン
ウイルスバスターのサポートページ
■関連記事
トレンドマイクロ、ウイルスバスター2005ダウンロード版限定のキャンペーンを実施
トレンドマイクロと横河Q&A、ウイルス対策訪問サポートで協業
大塚商会とトレンドマイクロ、中国で日本語版セキュリティ製品販売へ

adsense_336px



adsense_336px



-コラム・解説

Copyright© 星を見る人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.