雑記

アーケード筐体からノートパソコン経由で映像出力とネット配信に成功

投稿日:

adsense

4/4(日)にぷよぷよ通アーケードの対戦会があったので、この機にウェブカメラを使用しない形でのネット配信に挑戦。
ぷよぷよ通が置いてあるゲームセンター
まず店員さんから外部出力端子を見せていただいたところ、アナログRGB信号でした。おなじみの赤白黄とS端子ケーブルです。
ネットブックにはVGA端子が付いていたため、店員さんがRGB信号⇔VGA端子変換機器を用意してくれましたが、一般にノートパソコンに付いているVGA端子は出力用なので残念ながら映し出すことはできませんでした。
こうなると外付けUSB接続しかないので、急いで店から一番近い電器屋のビッグカメラに寄り、USB経由で取り込めるビデオキャプチャ機器を探したところ、運良く条件を満たすキャプチャ機器がありました。
パッケージの見た目はVHSビデオテープ用をデジタルデータに変換する事を謳い文句にしています。ここは勉強代として購入。この時、ネットブックにはディスクドライブがないため添付のCD-ROMが入らないのは承知でした。ドライバに関しては予想通り公式サイトからダウンロードすることで難なく成功。無事に映像デバイスが増えました。
USB接続型のRGB信号キャプチャ
しかしここで大きな問題が発生。新規に増えたこのデバイスを映像ソフトにて指定すれば完了と思っていた矢先、何度やっても接続エラー。他の映像配信ソフトを使っても真っ黒な画面のまま。再起動やドライバの再インストール、USB延長ケーブルの使用/不使用、USBポートを変えても改善せず。
配信開始時刻が迫っているので気長にネット調査することもできません。最終的に、古い記憶の片隅に「テレビキャプチャ」や「キャプチャボード」関連の単語と接点がある「ふぬああ」というフリーソフトにてキャプチャピンの設定をすることでアーケード画面をパソコンに映し出すことに成功。ウインドウサイズは320x240に縮めても十分綺麗でした。音声はネットブック内臓マイクを使用。
有志の方が視聴者のコメントに返事をしたり、両者の対戦内容の実況解説をしていました。現地の方、ありがとうございます。
ぷよぷよ通 対戦会をネット配信
映像のフレーム数を滑らかに安定させるソフトとの相性が悪いようで、何度試しても併用不可でした。
帰宅後、添付CD-ROMを仮想化経由から導入するも、解像度が低いため起動できない旨のエラー。パッケージ側面にある動作環境を見ても解像度の項目なんて無いのですが、きっと「ふぬああ」や別のキャプチャ出力ソフトの方が高機能で動作も軽いと思うことにします。
フレーム数調整には別の代替手段があることをすっかり忘れていましたが、目標が達成して良かったです。

adsense_336px



adsense_336px



-雑記

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.