動画(自作)

【HD画質】東方非想天則 ネット対戦 美鈴vs紫 (2戦)

投稿日:

adsense

東方非想天則 ネット対戦 美鈴vs紫 (2戦)

最後にネットへ自作動画をアップロードして以来、1年と半年以上経つので、PCゲーム「東方非想天則」の一般ネット対戦動画をアップロード。2D格闘ゲームはGCのスマブラDXが当時盛り上がっていた時以来。
この1年半の間にYouTubeがHD画質に対応したことに興味があります。具体的には視聴の際のURL末尾に「&fmt=22」と入力することで高画質再生が可能だそうで、もちろん元ファイルが高画質でなければ効果を発揮しません。

より高画質で投稿するには高い解像度で投稿

YouTubeへの動画アップロード時にはサーバ側で強制再エンコードされます。また、公式のガイドによるとビットレートを上げて投稿するよりも高い解像度での投稿を推奨していました。
投稿ファイルの再生時間制限10分以内は変わらずでしたが、しばらく見ない間にファイルサイズが2GBまで許容となっていることから、(エンコード時間や投稿時間を問わないのであれば)元ファイルが640x480であっても、それがきれいであれば編集ソフトで解像度を高めて投稿した方が有利なのではないか、という予想の元、640x480でキャプチャしたファイルを「AviUtl + ResizeFilter」による「拡張 x264(シングルVBR) + neroAacEnc(100kbps)」で出力した”解像度1280x960(約400MB)のmp4ファイル”を作成し、投稿しました。
最初はYouTube側で弾かれましたが、Bフレームを抜く(=0にする)と正常に反映されたのでエラーで弾かれる人は覚えておくと良いかもしれません。
再生画面の画面サイズだけでは分からなかったので、YouTubeサーバに生成されたflvファイルやmp4ファイルを直接ダウンロードして調べた結果は以下の通りとなりました。

YouTubeサーバ側の強制エンコードにより生成された各ファイル

video.3gp (YouTubeモバイル用) / 176x144 / 4.08MB
video.flv (fmt5版 低画質用) / 320x240 / 20.7MB
video.mp4 (fmt34版 標準画質用) / 480x360 / 38.7MB
video.flv (fmt35版 高画質用) / 640x480 / 50.5MB
video.mp4 (fmt22版 HD画質用) / 960x720 / 101MB
オリジナルの解像度ではなくなってしまいましたが、動画のアスペクト比は4:3のまま保たれ、ファイルサイズベースで100MB超えの超高画質となりました。過去に期待していたDivX Stage6が仮に閉鎖しないで続いていたとしてもプラグインの必要性の有無などからYouTubeを抜くことはできなかったことでしょう。

軽さ重視か画質重視か

YouTubeの強制エンコードでは、低画質版や超低画質版も作成されます。
従ってYouTubeへ動画を投稿する際は解像度が高いままで投稿、あるいはエンコードやアップロード時間増大の手間がかかりますが動画編集ソフトで解像度を高めて(元ファイルがきれいなこと前提)から投稿した方が良いかもしれません。

通常画質とHD画質の比較

左に通常画質、右がHD画質とを並べ、目を凝らして比較すると、やはりファイルサイズが2倍以上あるHD画質の方が文字もきれいに表示されました。
通常画質とHD画質の比較
ウェブページにHD画質状態で埋め込む際は再生ページから「HDで再生する」にチェックを入れることにより生成されるhtmlタグがHD画質用となります。

通常画質(fmt=34状態)での埋め込み

HD画質(fmt=22状態)での埋め込み

※低性能PCだと滑らかに動かない場合があります。
回線速度が問題の場合は一時停止を押してから読み込みのバーが進むのを気長に待ちましょう。

adsense_336px



adsense_336px



-動画(自作)

Copyright© 星を見る人 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.