トップページ > ぷよぷよフィーバー オンラインで遊ぼう

ぷよぷよフィーバー オンラインの攻略,裏技,動画,FAQなど幅広く解説!

当ページはWindows版ぷよぷよフィーバーの解説ページであり、Yahoo!カテゴリに掲載済みです。
 『ぷよぷよフィーバー オンラインで遊ぼう』 ページは 「パズルゲーム > ぷよぷよ
 『CDAC11BA.EXEをSafeDisc2 Cleanerで無効化』 ページは 「スパイウェア、アドウェア

【ピックアップトピックス】


*マークは前回更新時から追加した項目、*マークは比較的修正箇所が多かった項目です。

最新のぷよぷよの話題はこちらです

ぷよぷよフィーバー オンライン とはなんですか?
ぷよぷよフィーバー オンライン はどうすれば遊べますか
ぷよぷよフィーバー オンライン 有料版(製品版)
ぷよぷよフィーバー オンライン 無料版
ぷよぷよフィーバー オンラインの基本説明

ぷよぷよフィーバーオンラインの初期状態から行うこと
 最新パッチをインストールコンフィグ設定
 オフライン用の隠しキャラクターを裏技で出す

非公式の方法やツールを使ってもっと遊ぶ
 「隠しファイル」と「隠しフォルダ」を表示させる
 キャラクターボイスや効果音、BGMを差し替える
 有志の作成したツールを利用する

Puyo.ini書き換え系
 オンライン対戦の名前表示色を変更
 フレームレート表示名前を限界以上に入力
 背景を非表示にして13段目を見る

小ネタ
 オンラインモードとロビーを同時起動
 デュアルコア搭載のパソコンで動作が不調になる場合
 入力変換ツール『JoyToKey』を使い自分自身と対戦
 難易度選択時にカーソルを高速で動かすとカレーが飛ぶ
 オンラインで特定の人の試合や観戦を狙う
 名前を変えても前の戦歴を引き継ぐ方法
 オンライン時のログファイルを生成/閲覧する
 ロビーでの操作(文字列コピー方法など)
解説トピックス
一般的な質問(ゲームができない、表示がおかしい 等)
リプレイファイルをアップロード / ダウンロード / 再生したい
強くなりたいけどぷよぷよの積み方やシステムがわかりません
ぷよぷよカーニバル版って何ですか?
パソコンの性能が低いため快適に動かない
CDチェックって何ですか?回避できますか?
目を閉じるとぷよが見えるので病院に行った方がいいですか?
リプレイを録画し、動画ファイルにして公開したい
対戦相手の横にメダルやトロフィーがあるけどあれは何?
昔のぷよぷよと雰囲気が変わっている気がするのですが
プレステのコントローラーでプレイしたい
公式サイトから最新パッチがダウンロードできない
ロビーで対戦/観戦/トーナメント時にLobby.exeが落ちる
チャットを非表示(0行)にしたい
初心者向け 簡易ぷよ用語
複数の音声ファイルを編集しオリジナル差し替えボイスを作成
既存の互換性ファイルで「差し替えフレーム/フォント」
差し替え画像で見た目を全く別のキャラクターにする
本家/偽ランチャーを使わずにロビー/オンラインを一発起動
キャラクターごとの通常/フィーバー連鎖倍率とツモパターン
ニンテンドーDS版「ぷよぷよ!」でオンライン4人対戦
携帯電話でも「ぷよぷよフィーバー」
v1.10などの過去バージョンを公式サイトからダウンロード
パソコン起動時に自動的にロビーやオンラインを立ち上げる
ぷよぷよフィーバーのIRCチャンネル
*ロビーのログ表示を左寄せ、右寄せ、中央寄せにする

外部リンク
 
公式Webサイトゲームが遊べるサイト
 
攻略色が強いサイト便利ページぷよらーのサイト


ぷよぷよフィーバー オンライン とはなんですか?

ネットワーク対戦に対応している落ちモノパズルのパソコンゲーム。ぷよぷよフィーバー 起動画面

ルールが「同色を縦横に4つくっつける」だけのゲームなのでどんな人でも遊べますし、頭の体操にもなるかもしれないなどの理由からおすすめゲームです。3個ぷよや4個ぷよの登場は初めは慣れないかもしれませんが、キャラクターによって落ちるパターンが違うので色々試してみてください。


また、製品版では対人戦限定で「クラシックモード」という、旧ぷよぷよのルールでも遊ぶこともできるほか、観戦やトーナメント、リプレイファイルの再生もできるので、上級者や全国大会クラスの人の試合を眺めたり、ネットで配布されている強者のリプレイファイルを再生するだけでも価値があります。

製品版は一度購入すると以後は制限なし、月額利用料なしで何回でも遊べる、ロビーで会話や対戦ができる、全キャラクターが使えるなど。(パッケージ版にはユーザ登録とパスワード云々が書いてありますが、既に廃止になっています。)

ぷよぷよフィーバー オンライン はどうすれば遊べますか?

有料版 と 無料版があります。有料版と無料版の違いは以下の通り。

ぷよぷよフィーバー オンライン 有料版(製品版)

近くの電器屋で売っていない場合はAmazon(大手ネット通販)を利用しましょう。Amazonでは1,500円購入すると送料無料です。

発売当初はPC用のコントローラー(以下パッド)同梱版が税込7,329円し、私もこの値段で購入しましたが現在では髄分と値下がりしています。持っていない方はパッド同梱版の購入をおすすめします。在庫切れの場合はソフト単体で購入する形になります。

ぷよぷよフィーバー

※(MacOS X 用 ぷよぷよフィーバーもありますが、ネットワーク対戦ができません。)

ぷよぷよフィーバー オンライン 無料版

SEGA Link ユーザ(※廃止されました)
2005年6月24日よりセガが開設したサービス「SEGA link」にてユーザ登録(無料)を行うとこのゲームが1日3回まで無料でプレイできますが、色々な制限が付いている(ロビー対戦ができないなど)体験版仕様。

小額のお金を払うことで一定期間制限解除も可能で、1ヶ月500円のリンクバリューを購入すると1ヶ月機能制限なし
カーニバル ユーザ(※終了しました)
ぷよぷよ15周年を記念して月ごとの期間限定で遊べるカーニバル版というのも存在します。
http://puyo15.jp/home/
ネットカフェ ユーザ
全国のネットカフェで、ぷよぷよフィーバー対応の店舗があります。
ネットカフェ自体は有料ですが、他のオンラインゲームとともに遊ぶことができます。
http://sega.jp/pc/netcafe/netcafe.html
Yahoo!ゲームの体験版
全国のネットカフェで、ぷよぷよフィーバー対応の店舗があります。
http://sega.jp/pc/netcafe/netcafe.html

注意:ネットゲームのためパソコンのセキュリティや通信環境によって遊べなかったり、パソコンの性能が低ければまともな動作で遊ぶことができません。これから始めようと思う人は体験版で触れてみましょう。

ぷよぷよフィーバーオンラインの基本説明

ここからは有料版を購入した人向けの説明です。

オフラインモード オンラインモード ロビー ロビーのトーナメント機能 チャット機能

ぷよぷよフィーバーオンラインの初期状態から行うこと

初めてインストールした、もしくは再インストールした人向けの説明と知識

最新パッチをインストール

インストールCDからインストールした直後はバージョンが古いままです。
公式サイトから最新版のパッチをダウンロードしてインストールしてください。
http://sega.jp/pc/soft/puyofever/win/dl.html

Windows XP_SP2デフォルトのファイアーウォールやルータなどでセキュリティをガッチガチに固めている人はhttp://sega.jp/pc/soft/puyofever/win/faq.htmlを参考にポートの開放を行ってください。

関連項目:「Windows Vista」でぷよぷよフィーバーを起動できません。

コンフィグ設定

パッド(PC用のコントローラー)を使用する人はパソコンに接続し、ランチャーの[コンフィグ設定]から自分のプレイしやすい入力の割り当てを行いましょう。ほか、挨拶テンプレートの設定など。

[システム設定]についてはフルスクリーンとウインドウモードではフルスクリーンの方が動作が安定しています。
ウインドウモードではフォーカスをずらすと動作が遅くなったり、通信が切断される場合があるので注意して設定してください。

オフライン用の隠しキャラクターを裏技で出す

本来は一人用モードで複雑な条件をクリアしないといけないのですが、難しい上調整に時間がかかるので、一発で出す裏技を使ってしまいましょう。(ちゃんとした方法で出したい人はネットで出し方を調べて見てください。)

フリー対戦でCPU強化以外はコマンド入力に成功すると全消しした時の効果音が流れます。
オールコンプリート
隠しキャラを含め、ギャラリーモードの音声やデモが全て集まっている完全な状態になります。
ギャラリーモードで「デモかんしょう」にカーソルが合っている状態で入力します。

【パッド使用の場合】・・・・・・[Ctrl]キーを押しながら、(パッドの)上>下>左>右
【デフォルト設定のキーボード使用の場合】・・・・・・[Ctrl]キーを押しながら、W>S>A>D
【上記入力から上下左右入力のみ変更している場合】・・・・・・[Ctrl]キーを押しながら、↑>↓>←>→
とことんぷよぷよ - 自由にキャラクターが選べる
とことんぷよぷよモード全般で、本来なら選べないキャラが選べるようになります。ツモは変わりません。

【パッド使用の場合】・・・・・・パッドの上>パッドの下>[Ctrl]キー>決定
【デフォルト設定のキーボード使用の場合】・・・・・・W>S>[Ctrl]キー>Enter
【上記状態から上下左右入力のみ変更している場合】・・・・・・↑>↓>[Ctrl]キー>Enter
ひとりでぷよぷよ - 自由にキャラクターが選べる
ひとりでぷよぷよ(るんるん・わくわく・はらはら)でキャラクラーが自由に選べるようになります。ツモはしっかり変わりますが、キャラクターごとのストーリーは用意されていないのでデモシーン(OPやEDも含む)がカットされます。

【パッド使用の場合】・・・・・・パッドの下>パッドの上>[Ctrl]キー>決定
【デフォルト設定のキーボード使用の場合】・・・・・・S>W>[Ctrl]キー>Enter
【上記状態から上下左右入力のみ変更している場合】・・・・・・↓>↑>[Ctrl]キー>Enter
フリー対戦 - コンピュータのレベルを最大にする
CPUとのフリー対戦時に相手キャラを選択する際、相手側(2P)で上に該当するボタン(コンフィグで確認してください)を押しながら決定するとCPUの思考ルーチンが一番強いものになります。これにより、オプションの難易度で「むずい」に設定してさえも弱かったCPUおしゃれこうべも強くなります。

非公式の方法やツールを使ってもっと遊ぶ

このゲームの醍醐味と言っても過言ではない非公式の遊び方。
パソコンの知識が多少必要なうえ、自己責任なので注意しておいてください。

(うっかり必要なファイルを削除してしまわないようにバックアップを取るなど気をつけましょう。)

誤ってバックアップを取らずにボイスなどを削除してしまった場合は、再インストールをしなくとも、スタート→すべてのプログラム→SEGA→ぷよぷよフィーバー→アンインストールから足りないファイルの修復インストールも行えます。

「隠しファイル」と「隠しフォルダ」を表示させる

ぷよぷよフィーバーオンライン以外でもセガが作るゲームの設定ファイル等は隠しファイルになっており、このゲームでデータが格納されているApplication Dataフォルダはパソコンの初期設定では通常、隠しフォルダになっていて見えないようになっています。

これらを見えるようにするには、コントロールパネルエクスプローラーのツールからフォルダオプションを選択し、[すべてのファイルとフォルダを表示する]にチェックを入れ、OKを押します。

これでエクスプローラー上からファイルやフォルダの存在が確認できるようになります。

キャラクターボイスや効果音、BGMを差し替える

システムで利用する音関連のファイルは通常、以下のパスに格納されています。

・キャラクターの連鎖ボイスは %ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\VOICE にWAVE サウンド形式(.WAV)
・効果音は %ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\SE にWAVE サウンド形式(.WAV)
・音楽(BGM)は %ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\BGM にWindows Media オーディオ ファイル形式(.wma)


同名ファイルを差し替える(または上書き)ことにより、対戦時に出るキャラの声や効果音、BGMを違うものに差し替えることができます。

自分のお気に入りやオリジナルのWAVEファイルを用意してみると連鎖するのが楽しくなるかもしれません。
※念のため、事前に差し替えるファイルのコピー(バックアップ)を取っておくことを忘れないようにしましょう。

■フォルダの開き方
 [スタート]→[ファイル名を指定して実行]から上記パスを貼り付けする、マイコンピュータから辿る、ブラウザのアドレス欄に貼り付けなど。

■差し替えボイス配布サイト
http://puyovoice.hp.infoseek.co.jp/
http://puyovoice2.hp.infoseek.co.jp/

有志の作成したツールを利用する

このゲームがよりよく楽しめるようにと非公式ながら有志の方々の手により作成されたツールがあります。
ぷよぷよフィーバー Win偽ランチャー
本家ランチャーより軽快に動作する高機能ランチャー。
ぷよぷよフィーバーハンドル名変換ツール
Web上にアップロードする際、リプレイファイル再生時の名前を隠したい場合に使用します。
ぷよぷよフィーバー対戦ログ分析ツール
ログファイルを解析し、自分や対戦相手の詳細一覧をHTML形式で出力してくれます。
ぷよぷよフィーバー戦績Viewer
その名の通り、戦歴ファイルを閲覧し、レートや最大連鎖数を確認することができるツールです。
けろろん
常駐させておくことでリプレイファイルが100個溜まったら自動で整理してくれます。
Expuyorer
リプレイファイルの一括管理ができ、検索や移動なども行えるツール。
ExtractPvz
.pvz形式と.png形式の相互変換ツール。自作差し替え画像を作ることができます。

これらのツールは以下の配布サイトから入手できます。
http://puyopuyofever.hp.infoseek.co.jp/tool/
http://phans.org/puyo/collect/files.html

Puyo.ini書き換え系

[スタート]→[ファイル名を指定して実行]から %AppData%\Sega\PuyoF を入力し[OK]ボタンを押すことでデータフォルダにアクセスすることができます。補助ツールを利用しない人はこの操作が基本となるので覚えておいてください。

上記フォルダにあるPuyoF.ini(設定ファイル)を書き換えるとメニューのシステム設定の項目にはできなかった様々なことができます。バックアップを取らずに削除や変更を加えるとややこしい事になるためバックアップはしっかり取っておきましょう。

PUYOF.BINはオフラインのセーブファイルで、[名前].PLDはオンラインやロビー時のネームファイルです。

【補足】
この文字列はWindows変数を用いてC:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Sega\PuyoFに該当するパスで、ユーザ名に今ログインしているユーザを当てはめ、IEブラウザのアドレス欄に入力して移動することでも開くことができます。

多くの解説サイトではぷよぷよフィーバーのデータ格納フォルダまでのWindows変数使用パスを %UserProfile%\Application Data\Sega\PuyoF と表記されていますが、私が後になって見つけたこのAppdata変数も全く同じ場所を指しているので違いはありません。短いので当ページでは%AppData%\Sega\PuyoFと表記しております。

Windows環境変数利用で特殊フォルダを安全に指定 ぷよぷよフィーバーの場合

オンライン対戦の名前表示色を変更

オンライン対戦時に表示されている自分の名前色を変更することができます。
Matchup_Colorの文字列を探し、この部分の数値を書き換えます。例として

0x000000ff ⇒ 赤、0x0000ff00 ⇒ 緑 、0x00ff0000 ⇒ 青、0x00000000 ⇒ 黒 、0x00ffffff ⇒ 白

先頭の0(0xXX)の部分についてですが、0(0x00) はシステムパレットで最も近い色、1(0x01) は現在のパレットで最も近い色、2(0x02) は現在のデバイスコンテキストの論理パレットで最も近い色となっています。(ここは特に弄る必要はないのでそのままで構いません。)

あまり調べていない無駄知識ですが0xff00000000ffにすると名前ではなく名前枠の色が真っ黒になりました。リプレイファイルでは通常の名前で記録されましたが、リプレイファイルが故障する可能性があります。

フレームレート表示

DispFPSの数値を1にするとフレームレート(1秒に何回描写しているか)がゲーム中の画面に表示されます。パソコンの性能によってウインドウモードで遊ぶ際や、ソフトウェアキャプチャを利用する際の動作率を確認するなど参考になります。

また、デュアルコア搭載やグラフィック性能が高いハイスペックパソコンならバックグラウンドで動かしてもほぼ60fpsを保つことができます。

名前を限界以上に入力

ランチャーからでは名前の文字入力数に限界がありますがMatchup_HandleNameの項目からさらに+数文字程度、半角15文字まで入れることができます。あまり入れすぎると表示がおかしくなるのでロビーで表示を確認してください。またこの技はリプレイファイルが故障する可能性があります。

背景を非表示にして13段目を見る

パソコンの性能が低く、ゲームが処理落ちしやすい人はDrawBGの数値を0にすると背景がなくなり、真っ黒になります。

一見不気味ですが、画像を表示しないことからアプリケーション動作の負担軽減になるだけでなく、ぷよをフィールドに置くまで13段目(通常ならぷよが見えない)が見えるようになる利点があります。

さらに無音ボイスと組み合わせることで低スペックパソコンでも快適に動作するかもしれません。

小ネタ

オンラインモードとロビーを同時起動

ぷよぷよフィーバー ロビーとオンライン(オフライン)を同時起動ぷよぷよフィーバーのバージョンVer.1.07頃辺りから、起動しているタスクに「ぷよぷよ〜」関連の文字が含まれていると重複起動防止のためかアプリケーションが立ち上がらなくなっているようです。

多重起動は基本的にできませんが、ロビー+オンライン(もしくはオフライン)を同時に立ち上げることはできます。(ロビーとロビー、ゲームモードとゲームモードは不可)


■方法1(簡単):http://puyopuyofever.hp.infoseek.co.jp/tool/から偽ランチャーを入手し起動。
いったんオンラインかロビーを選択後、もう一度偽ランチャーを起動してもう片方を起動することができます。

■方法2(シビア):
1.普通にランチャーを起動し、オフラインやオンラインモードを選択
2.ランチャー画面が引っ込んだら、すかさずもう一度ランチャーを起動する
3.以上でランチャーがまた立ち上がり、ゲームとロビーを同時に立ち上がることが可能

デュアルコア搭載のパソコンで動作が不調になる場合

ウインドウモードの場合、デュアルCPUだと動作が速くなったりします。私もデュアルコアなので困りますが、こうなった場合[タスクマネージャー] →[プロセス]→PUYOF.EXEを右クリック→[関係の設定]からCPUを1個に割り当てることで元に戻ります。

■デュアル環境でもシングルで立ち上げるツール
1.Single CPU Launcherをダウンロードして解凍、ファイルを%ProgramFiles%\SEGA\PuyoFにコピー
2.どこでもいいので右クリックから新規作成(W)→ショートカット(S)を選択
3.以下の行を入力し、新規ショートカットを作成。
"%ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\HTLauncher.exe" "%ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\PUYOF.EXE" S_MULTI1
4.できあがったショートカット経由で起動することによりシングルコアで立ち上がります。
(終了時に立ち上がったランチャー経由では効果は無効になる)

入力変換ツール『JoyToKey』を使い自分自身と対戦

コンフィグ設定では1P側と2P側のボタンを同じ配置にすることはできませんが、JoyToKeyというフリーソフトウェアを使うことで2Pの適当なキーボードの入力をパッド入力に変換することがでます。

つまり、1Pのボタン配置で2Pも動かすことができ、自分のコピーとの対戦ができるようになります。

ただし、操作のラグが生じると動作が食い違ってきたり、全く同タイミングで連鎖をしたとしても、どちらか一方にしかフィーバーポイントが溜まらないので用途は狭いかもしれません。

難易度選択時にカーソルを高速で動かすとカレーが飛ぶ

対戦画面にて、甘口〜辛口のモード選択時にカーソルを素早く、かつ小刻みに移動させるとカレーがどこかへ飛んでいくという、制作者が意図的に仕組んだのかよく分からない謎技です。

素早い2〜3回の動きを一定間隔置きに行うと成功しやすい気がします。(カカッカカッカカッ・・)

オンラインで特定の人の試合や観戦を狙う

オンラインで待機中の間キーボードの[TABキー]を押している間は対戦者と観戦者のリストがどんどん増えている様子をリアルタイムで伺うことができます。

■特定の人との遭遇を狙う
特定の人との観戦終了後すかさず対戦モードでログインすればその人と当たる可能性があります。

■特定の人との観戦を狙う
マッチアップサーバが観戦者を集めている間にうまくログインすれば観戦できる可能性があります。

■タイミングを見計らう方法
・キーボードの「ALT+F2キー」や「F11キー」でタイトル画面に戻って待機
・「ALT+F4キー」(ウインドウモードなら右上の×印でも可)を押しゲーム終了の確認ダイアログを出す。この間は乱入も観戦も起こらないことを利用することでもタイミングを計ることができます。

名前を変えても前の戦歴を引き継ぐ方法

%AppData%\Sega\PuyoFにある「名前.PLD」ファイルにオンラインの戦歴とロビートーナメントのメダルの記録が格納されています。

試合数を重ねた「A.PLD」と、新しくIDを作った「B.PLD」があるとし、Aの戦歴をBに引き継ぎたい場合は以下の方法で戦歴ファイルを引き継ぐことができます。

1.A.PLDを選択し、「右クリック→名前の変更」もしくはF2ボタンを押す
2.ファイル名をBに書き換えます(同じファイルが存在するとエラーが出たら、先にBのPLDファイルを名前変更か削除しておきましょう)

以上で「B.PLD」でログインすると「A.PLD」の戦歴を引き継いでプレイすることができます。

オンライン時のログファイルを生成/閲覧する

%AppData%\Sega\PuyoFにあるPuyoF.iniを開き、[オンライン時にチャットログを取ります]の項目をLog=1とすると、そのディレクトリに日付.logファイルを出力するようになります。

マッチアップモードだけでなく、もちろんロビーやトーナメントの対戦/観戦もオンラインモードなので記録されます。観戦時に誰かのチャット発言を見逃した際には該当日付のログファイルをテキストエディタなどで開くことによりレート、最大連鎖、切断率なども調べられるようになります。

http://puyopuyofever.hp.infoseek.co.jp/tool/から分析ツールを使って対戦履歴の統計を計ることもできます。

ロビーでの操作(文字列コピー方法など)

■発言やURLアドレスなどをコピーする方法
ロビーでは右クリックでメニューは出てきません。発言をコピーするには文字列を選択し「Ctrl+C」でコピー、「Ctrl+V」で貼り付けです。
URLの場合はブラウザのアドレス欄に貼り付け(CTRL+V)して移動(Enter)すれば表示されます。

■文字フォントの大きさを変更
発言欄でCtrlキーを押しながらマウスホイールを上に動かすと大きく、下に動かすと小さくなります。

■放置して溜まったロビーのログを快適に読む方法
 ログを読んでいる時に発言があった場合、画面が一番下に戻されてしまいます。
 いったん退室するのが最も簡単ですが、退室せずに快適にログを読みたい場合は以下を参考。

1.Tabキーを2回か3回、もしくは発言欄でCtrl+Aキーを押せば文章が全選択される状態になります
2.Ctrl+Cキーで選択した文字列が全てコピーされます
3.テキストエディタ(メモ帳など)を開き、貼り付け(Ctrl+V)して見やすいフォントサイズに調節します

■ロビー対戦を募集終了/参加時、ロビー観戦に参加時、トーナメント募集終了/参加時にエラーが出た場合
アプリケーションエラーが出た時は、プログラムが停止した印象を受け閉じてしまいがちですがそのまま放置してください。
ちゃんとゲームプログラムは立ち上がるので安心してください。

解説トピックス

一般的な質問(ゲームができない、表示がおかしい 等)

基本的な事はぷよぷよフィーバーオンライン 公式サイトのFAQを参考にしてください
http://sega.jp/pc/soft/puyofever/win/faq.html


オンラインモードを選択してもすぐに「エラーが発生しました(エラー番号)」と表示されネットワークに繋がらず、オンラインゲームが全く遊べない、もしくはロビーを開いても繋がらないか真っ白になる場合はポート開放が正常に行われていない証拠です。

ぷよぷよフィーバーが使用するポート番号2000〜2010, 8080〜60001(プロトコル:UDP)を利用可能にすると解決します。繋がらない環境を解決する手順は、個々のパソコン環境だけでなく機器の種類や通信形態によって解決方法が千差万別なので、一概に方法はありません。

※ たまに「グローバルIPを持っているパソコンじゃないとゲームが遊べない」ような話を耳にしますが、グローバルIPアドレスを割り振られていないローカルIP環境や、無線LANルータ環境でもNAT(一つのグローバルIPアドレスを複数のコンピュータで共有する技術)やuPnP(ネットワーク機器を接続するだけで利用を可能とする技術の総称)機能などを利用し、所定のポート通信が外部接点で行われていれば1つのプロバイダ契約で何台ものパソコンをインターネットに繋いだり、ポート解放が必要なゲームを遊ぶ事が可能です。1台のパソコンでも仮想PC作成・実行ソフト「Virtual PC」を動かしてみると検証することができます。


「ポートをブロックしている要因」でよく考えられる項目 ■最後の手段「UPnPCJ」
UPnP対応ルータ(最近の機種は標準搭載)に対し、強制的にポート開放を行うソフトウェアです。

学校や会社など、通常ポートが閉じられているのにも関わらずポート開放ツールで繋げてしまった場合、セキュリティポリシーに反する恐れがあるので十分に確認を行ってださい。
http://umemasu.hp.infoseek.co.jp/upnpcj/i

リプレイファイルをアップロード / ダウンロード / 再生したい

こちらから配布されている「ハンドル名変換ツール」を使うことで自分や相手の名前を匿名に変換できます

リプレイファイルをネット上にアップロードする方法
  1. %AppData%\Sega\PuyoF を開いてください。
  2. 圧縮解凍ツールでファイルを圧縮します。(圧縮解凍ツールをお持ちでない方はこちら
  3. http://puyopuyofever.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/file/upload.htmlからファイルを参照し、アップします。
リプレイファイルをネット上からダウンロードして再生する方法
  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。(圧縮解凍ツールをお持ちでない方はこちら
  2. 「REPLAYxx.RPD」ファイル(xxは00〜99までの数字)を取り出します。
    この形式になっていなければファイル名をリネームします。
  3. %AppData%\Sega\PuyoF を開き、そこへリプレイファイルを移します。
    ※ Windows98/Meの場合は%ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\です。
  4. オフラインモードを起動し、[おぷしょん]→[リプレイ]から該当数字のリプレイを選択します。

強くなりたいけどぷよぷよの積み方やシステムがわかりません

一見、意味不明な積みを相手がオンラインでやってきたり、動画などで見た時に「10連鎖なんて絶対自分には無理だ」と思うかもしれませんが、一つ一つは基本的な積みが組み合わさっているだけです。

そのため、解説サイトを参考にしたり、とことんぷよぷよでじっくりと練習すれば、誰でも10連鎖以上が狙えるようになります。リンク集も参考にしてみてください。

ぷよ連鎖集
ぷよぷよの基本的な積み方や名称の勉強ならここに行けば事足ります。

初心者向け解説動画
解説者の解説とともに積み方を勉強できます。

ぷよフィシステム調査団
対戦についての情報ページです。

カルーク先生の得点計算
キャラのツモ数や連鎖レートなどぷよを送るための条件が網羅されています。

連鎖シミュレータ(フィーバー対応版)
「ここにぷよを置いたらどうなるだろう」が一気に解決できる便利なページです。

ぷよぷよカーニバル版って何ですか?

残念ながら既に終了しています。以下の特徴がありました。

パソコンの性能が低いため快適に動かない

%AppData%\Sega\PuyoF にあるPuyoF.ini、通常ランチャー、偽ランチャー等から画面の解像度や背景描画などを低く設定して見てください。(動作モードはフルスクリーンなど)

CDチェックって何ですか?回避できますか?

24(数字はぷよに由来)日ごとにCDチェックがあり、製品版ディスクを挿入する必要があります。
その日を過ぎるとCDチェックを行わない限り、ぷよぷよフィーバーを起動することができなくなります。

これは「1枚のCDであちこちのパソコンにインストール」といった不正行為を防ぐものと思われます。

チェック処理自体はすぐ済みますが、いちいちCDをパソコンに挿入するのが面倒という人はCDを仮想化してHDDに納めておくとよいでしょう。著作権的にも本人が正規ディスクを所有のうえで1枚のバックアップは許されています。

目を閉じるとぷよが見えるので病院に行った方がいいですか?

ぷよぷよやテトリスなどパズルゲームをやり始めたばかり、もしくは長時間プレイした人は、ゲームをしていない時にまぶたを閉じるとぷよのテンプレート(連鎖のタネ)が出てきたり、ぷよを積むのをシミュレーションする現象が起こることを耳にします。一時的なものなので異常ではありません。

休憩しろという体の合図と考え、休息を取りましょう。私も経験しました。

リプレイを録画し、動画ファイルにして公開したい

リプレイファイルの再生はぷよぷよフィーバーオンラインを持っている方に限定されますが、動画ファイルに出力することで一般の方でも再生できるようになります。

パソコンにビデオキャプチャボードを備えているなら、ハードウェアキャプチャが行えますが、無償のソフトウェアキャプチャソフトであれば誰でも無料で実行できるので、その方法を紹介します。
ソフトウェアキャプチャは、パソコンの処理性能が大きく関わってきます。
目安として、人間がまともに動画として認識できるようにするには1秒間に30フレーム必要です。
そこまでの枚数を1秒間に録画しようと思えば、かなりのハイスペックパソコンが要求されます。

従って、環境によっては満足の行く結果にならないかもしれないので注意してください。
(余計なアプリケーションを終了したり、タスクマネージャーでキャプチャソフトの優先度を上げるなどで多少は効率が良くなりますが、それにも限界があります。)
ソフトウェアキャプチャの流れとしては下のようになります。
1.デスクトップの動きをキャプチャするソフトを使って取り込む
 「カハマルカの瞳」 もしくは 「劇場版ディスプレイキャプチャー あれ」など
2.取り込んだ動画から一般公開したいシーンを「AviUtl」や「TMPGEnc」などの編集ソフトで処理
3.ネットで配信するに十分な圧縮率でエンコードする

対戦相手の横にメダルやトロフィーがあるけどあれは何?

ロビーで開催されるトーナメントに優勝するともらうことができます。

メダルの色はトーナメントの参加人数によってブロンズ(8人以下)、シルバー(16人以下)、ゴールド(17人以上)となり、メダルは5個でトロフィー、トロフィー5つで盾になります。

昔のぷよぷよと雰囲気が変わっている気がするのですが

それもそのはず。初代ぷよぷよを作った「コンパイル」という会社は倒産し、ぷよぷよの権利は譲渡され、現在ではぷよぷよシリーズの製作はセガが行い、「ぷよぷよフィーバー」ではゲーム内に登場するキャラクターも代表的なアルルとカーバンクルのみ残して一新されています。

アルルは作中で「異世界から来たので元の世界に帰る方法を探している」という設定で登場します。
次回作「ぷよぷよフィーバーチュー!」では新主人公の男の子“シグ”を始め新キャラ11人が登場しプレイキャラクター総勢21人になりますが、旧キャラクターはアルルとカーバンクルのみです。

15周年記念として登場した作品「ぷよぷよ!」では、ゲーム内のぷよぷよ大会時に旧キャラクターが異次元から登場する設定で出てきます。
ぷよぷよシリーズを作っていた会社「コンパイル」とぷよぷよシリーズの簡易説明
1.ぷよぷよ → ぷよぷよ通(2作目) → ぷよぷよSUN(3作目) → ぷよぷよ〜ん(4作目)
2.コンパイルが倒産して権利譲渡、別の会社がフィーバーシステムを搭載して一新
3.ぷよぷよフィーバー(5作目) → ぷよぷよフィーバーチュー!(6ではなく5の2作目)

プレステのコントローラーでプレイしたい

市販のプレステコントローラーがそのままパソコン用のコントローラー(一般にパッド、ジョイスティックと呼ばれる)として接続できる製品(入力変換機)が売られています。

パッド同梱版の人で購入時に付いてきた(ぷよぷよフィーバー向けの)パッドが不慣れな人や、普段慣れているプレステのコントローラーの方が他のゲームもプレイしやすい人におすすめ。変換機さえあればプレステコントローラーをお持ちの方はそのままパソコン用のコントローラーとして兼用(使い回し)ができます。

また、いずれぷよぷよなり他のゲームなりで2つのプレステコントローラーを利用する機会があるかもしれない場合は、大して値段も変わらないので2ポート用にしておいた方が便利です。

1つのコントローラーが変換可能(1ポート用)



2つまでのコントローラーが変換可能(2ポート用)
(ぷよぷよ以外のゲームでも友達と対戦を考えていたり、使い分けをする方向け)


ゲームパッドコンバータを実際に使ってみた感想としては、中継器を経由するため若干入力が遅くなると思っていましたが、特にそんなことは感じませんでした。むしろヘタに安いパソコン用のコントローラーを買って不慣れな思いや壊れる心配をするより良いかもしれません。

公式サイトから最新パッチがダウンロードできない

※ 1,12パッチがリリースされた後はHTTP経由のダウンロードになっているため、この項目に当てはまらない場合があります。

まずはリダイレクト先のftp://www2.sega.co.jp/pub/pc/puyo/が開けるか確認してみましょう。
もし開けたら最新数字のファイルをダウンロードすることで解決します。

「アクセスできない」、「開けてもダウンロードできない」ならばセキュリティソフトが通信を妨げているか、なんらかの理由でFTPクライアントが利用不可になっている可能性があります。ポート開放よりはある程度万人向けの解決方法がアドバイスできるので、以下の手順を参考にしてみてください。

■可能性1:セキュリティソフトが邪魔している
ノートンやウイルスバスターなどのセキュリティソフト(ファイアーウォールソフト)が邪魔している可能性があります。たいていはタスクトレイに常駐しているのでプログラムを終了させましょう。

■可能性2:IEのFTPクライアントが正常利用できない、IEのセキュリティが高すぎるなど
Internet Explorerを開き[ツール]→[インターネットオプション]→[プログラム]タブ→[Web 設定のリセット]からいったんすべての設定をリセットしてみましょう。

[OK]を押し、再度試してください。もしそれでもできなければ[ツール]→[インターネットオプション]→[詳細設定]タブの[パッシブ FTPを使用する]にチェックが入っていれば外し、外れていればチェックを入れて確認してみてください。

IEのFTPクライアント機能

ロビーで対戦/観戦/トーナメント時にLobby.exeが落ちる

ダイアログ:「問題が発生したため、Lobby.exeを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。」
ロビーのプログラム自体が落ちる現象。ロビーの人数が多い時に入室やトーナメント募集終了、観戦などの操作で発生します。

SEGAのプログラムの作り以外にも、通信にUDPを使っているのも原因の一つかもしれません。オンラインモード(ロビーでの対戦や観戦を含む)や、外部と通信するプログラムを動かしている時に出現確立が上がる気がします。
ロビーのエラー発生ダイアログ
PC環境をキチンとしていてもエラーが出るときには出てしまうので、仕様と思って諦めましょう。

ただしロビーでの操作(文字列コピー方法など)で説明しているように、エラーが出ても放置していれば問題ない場合があります。

チャットを非表示(0行)にしたい

http://puyopuyofever.hp.infoseek.co.jp/tool/にから入手できる偽ランチャーからでも[コンフィグ] → [マッチアップ]タブ → ゲーム内チャットの表示行数を変更できますが、0にしても4になります。

チャットを非表示(0行)に設定するには%AppData%\Sega\PuyoFにあるPuyoF.iniを開き[NETWORK]の項目にあるChatLinesを0にします。v1.12からはロビーのみのチャットになったのでわざわざ非表示にする必要はないかもしれません。

初心者向け 簡易ぷよ用語

■発火 ・・連鎖を発動させること。本線発火は大元の連鎖を発動させること。
■折り返し ・・ 連鎖を折り返して伸ばすこと。これができれば最大連鎖数が6の人は12連鎖が可能。
■土台 ・・ 折り返す前のぷよのこと。折り返す時は土台の上にぷよを乗せていくのが一般的。
■連鎖尾 ・・ ぷよが連鎖して端まで消えた後に、さらに連鎖を続けること。
■催促 ・・ 両者共に大連鎖を抱えた中盤戦で小連鎖を送って相手の本線を先に打たせること
■潰し ・・ おじゃまを送って相手の発火点を塞ぐこと。試合開始後にするのは速攻潰し。
■凝視 ・・ 相手の画面を見て相手の動向を読むこと。造語なので長時間凝らして見る意味ではない。
■フィバ待ち ・・ 3つ程度のぷよを集めてフィーバーに入りやすくすることを前提にした戦略。
■マージン ・・ 時間制限のこと。少しずつ切れていき、1連鎖で送れるおじゃまの数が増える。
■GTR ・・ 折り返しでぷよをL字にする組み方。隙が少なく、折り返しが早く完成できる。[参考]
■宅配 ・・ TAKUさんが開催する定期トーナメント「TAKU杯」のこと。詳細はTAKUの戯言・・・?を参照ください。
■長文落とし ・・ 受信側のアプリケーションを落とす迷惑行為。v1.12で対策されました。
■チート ・・ 単発消し1回でフィーバーに入ったり、おじゃま予告を消すなど絶対負けないようにする不正行為のこと。
■ランバト ・・ ぷよぷよフィーバーのトーナメント機能を使わずにトーナメントを行うランキングバトルのこと。

『人物』
■くまちょむ(服部) ・・ 現在のぷよぷよプレイヤーの代表で、日韓戦も企画(歴史はWikipedia参照
■かめ(亀山) ・・ 同じく有名ぷよらーで、深夜にロビーに訪れることがある。観戦者が20人以上付くことも。
■S.T&ハーン ・・ 階段アルルで初めと次にオンライン1万勝後、消息不明の二人。「こんばんハーン」という造語も登場。

複数の音声ファイルを編集しオリジナル差し替えボイスを作成

 技術的な事になるのでぷよぷよフィーバー自体とは離れますが、非公式で楽しむ方法としてプログラムファイルのキャラクターボイスを別物に改造して差し替える楽しみ方もあります。(差し替えボイス)

 まず、音声を分割・結合するにはオーディオカット・分割ツールやオーディオ結合ツールが必須です。たくさんツールがあって迷うかもしれませんが、どれも切り貼り作業のためのツールなので直感的に自分が使いやすいと感じたものを利用しましょう。ただ、本格的にフィルター機能や波形レベルで取り組むならSoundEngine Freeが有名です。


WAVEヘッダを付けることでMP3で圧縮していても読み込んでくれる  編集した差し替えファイルの容量を縮めたい人にアドバイス。WAVファイルはMP3に圧縮することで格段に容量が抑えられるのはご存知だと思いますが、ぷよぷよフィーバーは標準のMP3ファイルを読み込んでくれません。

 しかしぷよぷよフィーバーのオーディオ再生にはWindows Media Playerが使われているので、見た目はWAVファイルに偽装している「中身がMP3ファイル」も融通を利かせて読み込んでくれるのでファイル容量の軽減になります。(RIFF/WAV形式のMP3ファイルと言います)

■RIFF/WAV形式のMP3ファイル作成方法
午後のこ〜だならgogo ファイル名 -riff wave
SCMPXならEncoding MPx →WAVEヘッダにチェックを入れましょう。(上記図参照)

■音量が小さ過ぎて聞こえない、あるいは大きすぎる
 音量の大小がバラバラのオーディオファイルを一括して一定化するには、MP3のまま扱えるMP3Gainがあります。

既存の互換性ファイルで「差し替えフレーム/フォント」

英語表示ファイルに差し替えれば普段と違った雰囲気が味わえる プログラムファイルも番号ごとに格納されており、ボイス等と同様に差し替えることができます。例えば背景ファイル(BG_xx.pvz)を違うファイル名のものに差し替えると、オンラインでもその背景が使えます。

 ここまでは「そう言われればそうだなあ」と思うだけかもしれませんが、ぷよぷよフィーバー for Windowsプログラムファイルの中には、日本のWindows対象でありながらもMac用海外用ファイルなど未使用ファイルが格納されており、もちろん互換性があるため差し替えることができます。

 CPU戦やオンラインで使われる元のフレームファイルは%ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\BINに格納されているframe2p.pvzファイルです。ファイルを差し替える場合は必ずバックアップを取っておきましょう。

 ファイル名に_eを付け加えたものが別に存在する場合は、英語用に用意されているファイルなので表示が英語になります(デモ、メニュー、乱入文字、ランキングの表示など)

 例えばcm_04_e.pvzの_eを削って差し替えると難易度選択や連鎖表示がXchainになります。ただ、これだけだと全消しがALL Clearにならないのでcm_xx_e.pvz(xxは数字)ファイルはすべてcm_xx.pvzに差し替えておきましょう。


■図1・・通常フレーム(初期状態で、何も操作していない状態のフレーム。)
■図2・・黒いフレームに数字模様(frame2p_2.pvzやframe2p_2_mac.pvzの各々を削ってframe2p.pvzにするとこのフレームになります。)
■図3・・泡模様の淡いフレーム(frame2p_mac.pvzの_macを削ってframe2p.pvzにするとこのフレームになります。お気に入り。)

 左から図1、図2、図3。クリックで拡大します。
差し替えフレームその1 - 通常フレーム差し替えフレームその2 - 黒くて数字が並んでいるフレーム差し替えフレームその3 - 淡い模様

差し替え画像で見た目を全く別のキャラクターにする

%ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\BINに格納されている.pvzファイルを置き換えると、差し替えボイス同様キャラクターを差し替えることができます。画像フォーマットが特殊な形式であるためオリジナル作成は難しいと言われていましたが、解析され、2007年にExtractPvzというツールが誕生したので誰でも差し替え画像を作成することができます。

http://puyopuyofever.hp.infoseek.co.jp/picture/
http://www.geocities.jp/fldra/bnframe.htm
http://space.geocities.jp/grants87/
http://kino.nomaki.jp/

本家/偽ランチャーを使わずにロビー/オンラインを一発起動

デスクトップで右クリック→新規作成→ショートカットから以下を入力します。
特定のプログラムだけ立ち上げるので、偽ランチャーよりワンクリック少ない動作で起動することができます。

ぷよぷよフィーバー ロビー
%ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\Lobby.exe PuyoF_ExecFromLauncher

ぷよぷよフィーバー オンライン
%ProgramFiles%\SEGA\PuyoF\PUYOF.exe S_MULTI1

キャラクターごとの通常/フィーバー連鎖倍率とツモパターン

キャラクターによって同じ連鎖数でもおじゃま数やツモパターンが違います。

普段同じキャラクターばかり使用していて負ける人は、別のキャラクターに変更してみることで、自分にとって組みやすいパターンだったり、普段はフィーバーで返せない量のおじゃまを返して逆転できたり、早め・中盤にでかぷよが来て助かるなど新しい道が開けるかもしれません。

カルーク先生の得点計算 全キャラ情報一覧

ニンテンドーDS版「ぷよぷよ!」でオンライン4人対戦

2006年12月にニンテンドーDSで発売された「ぷよぷよ! 」では、一部旧キャラクターが使用可能となり、Wi-Fiオンラインでの2人フィーバー、2人通、4人フィーバー、4人通が遊べるほか、フレンドコードを利用して特定の人と対戦することもできます。

ぷよぷよ!商品概要
  1. ニンテンドーDSを入手する
    ジェットブラック | アイスブルー | メタリック ロゼ | グロス シルバー | エナメルネイビー | クリスタルホワイト | ノーブルピンク
  2. ぷよぷよ!を入手(セーブ回数に関するバグがありましたが、現在発売されているソフトは修正版です。)
  3. Wi-Fi接続環境の確認
    • インターネット接続に無線LANルータを利用している方はそのまま。
    • インターネット接続に無線LANルータを利用していない方は別途ニンテンドーWi-Fi USBコネクタが必要です。
      DSが電波で通信するアクセスポイントを、ネットに接続しているパソコンのUSBに設置する形となります。
  4. ニンテンドーDS側で通信方法の設定とテスト接続
    • USBコネクタを使用する場合は添付CD-ROMから専用プログラムをインストール。
    • 無線LANに鍵を付けている場合はルータの設定を確認してください。(要知識)
  5. ぷよぷよ!を起動しWi-Fiに繋ぐと「だれかとぷよぷよ」「ともだち募集」「ともだち参加」メニューが出てきます。
DSぷよぷよ!の攻略や裏技情報は別サイト「ぷよぷよ! Wiki」をご覧ください。

携帯電話でも「ぷよぷよフィーバー」

モバイル向けのゲーム配信サイト「ソニックカフェ」から。月額利用料が発生するものもあります。
十分説明を読んだ上でダウンロードを行ってください。

i-Menu メニューリスト → ゲーム → ゲーム1 → ミニゲーム → ソニックカフェ → ぷよぷよフィーバー
Yahoo!ケータイ メニューリスト → ケータイゲーム → ゲームパック→ ソニックカフェ → ぷよぷよフィーバー
EZweb EZメニュー → トップメニュー → ホビー&カルチャー→ ゲーム→ 総合→ ソニックカフェ → ぷよぷよフィーバー

v1.10などの過去バージョンを公式サイトからダウンロード

07年10月現在、まだセガのサイトに非公開ではあるものの過去バージョンのダウンロードが可能となっています。

■07年10月現在確認しているv1.12や過去バージョンのダウンロードURL
http://www2.sega.co.jp/download/pc/puyo/PuyoF_112.exe
http://www2.sega.co.jp/download/pc/puyo/PuyoF_110.exe
http://www2.sega.co.jp/download/pc/puyo/PuyoF_109.exe
http://www2.sega.co.jp/download/pc/puyo/PuyoF_108.exe
http://www2.sega.co.jp/download/pc/puyo/PuyoF_107.exe

【注意】
v1.12からv.1.10以前のバージョンにダウングレードすると、CDチェック機能に利用されるマルウェアが毎回復活します。
そのため、マルウェア対策をしたい人はその度に対策をする必要があります。
CDAC11BA.EXEをSafeDisc2 Cleanerで無効化

カーニバル版をベースとしたv1.12からはオンラインのマッチアップ対戦でのチャットができなくなりましたが
チャットを楽しみたいという理由からv.1.10に戻してプレイしている人も少数ですがいるようです。

v1.12ではネットワークの一時的な切断によりロビーから新規発言があるのに反映されない(固まった)際、
入退室時すればロビーサーバに再接続されるためログアウトすることなくロビーに接続できるなど
カーニバル版ベースの利点が大きいため、上記理由がない人は最新版を利用することを推奨します。

パソコン起動時に自動的にロビー/オンラインを立ち上げる

本家/偽ランチャーを使わずにロビー/オンラインを一発起動を参考に、一発で起動するショートカットを作成してください。

出来上がったショートカットファイルをコピーし、
スタート→すべてのプログラム→スタートアップへ貼り付けます。(ドラッグ&ドロップでも可)
解除方法はスタートアップフォルダから削除するだけです。


【スタートアップとは】
パソコンを起動時に自動的に起動するプログラムの登録場所です。
実行ファイルを登録しておくとログイン時に全て自動で実行してくれます。

パソコンを立ち上げたら必ず実行するプログラムがあるのであれば
そのショートカットを登録することにより手間が省けて便利です。


【ワンポイント】
WindowsXPの方で、自分以外にパソコンを使う人がいないにも関わらず
ようこそ画面でユーザを選択しているような環境であれば、フリーソフト「窓の手」を使い
ログイン(1)項目の「自動ログイン」項目を設定すればそれも自動化できます。

パソコンの電源ボタンを押せばそのままログイン→ブラウザ&ロビー起動まで行ってくれる環境も構築することができます。

ぷよぷよフィーバーのIRCチャンネル

IRCとはインターネット・リレー・チャットのことで、「高機能な大規模ネットワークのチャット」と考えて差し支えありません。
クライアントソフトを使用するのが特徴です。

これ自体はぷよぷよともゲームとも関係ありませんが、そのIRCネットワーク内にぷよぷよ用のチャンネルがあり、07年12月現在もある程度の人数が集っています。もちろんSEGAのマッチアップサーバを介さないため、ファイアーウォールなどセキュリティが高くてロビーに入ることができない人も繋げることができます。

クライアントソフトの導入からチャンネルの設定まで詳しく説明しているページがありますのでそちらを参照ください。

LimeChat導入

ロビーのログ表示を左、中央、右に寄せる

ロビーのログ欄の最後の行にポインタを合わせた状態で[Ctrl+各種キー]を押すことにより、以降のログ表示を変更できます。07年12月にうっち〜さんが発見しました。

Ctrl+L・・左寄せ
Ctrl+E・・中央寄せ
Ctrl+R・・右寄せ

マウスでポインタを合わせた行だけを変更することもでき、ドラッグで範囲を選択すれば行単位で適用できます。Ctrl+Aで全範囲選択。
何度でも変更可能なので見づらくなったらCtrl+A後にCtrl+Lで通常(左寄せ)に戻すことができます。

その他リンク

私が作成したぷよぷよフィーバー動画は「自作動画」カテゴリから参照ください。
http://magic3.net/category_24.html

公式Webサイト

ゲームが遊べるサイト

攻略色が強いサイト

便利ページ

ぷよらーのサイト


【ぷよぷよぬいぐるみ】

*
トップページに戻る