星を見る人 トップページへ戻る

新500円玉には 0.2㎜の大きさで「N・I・P・P・O・N」という文字が隠されている

トリビアの泉 - 500円玉の謎
関連:2004年発行の新札には「ニ」「ホ」「ン」の文字

以前にトリビアの泉で83へぇを獲得したものですが、0.2mmは小さすぎて見つけにくく、かなり拡大しないと見つけるのが難しい。
■新500円玉には 0.2㎜の大きさで「N・I・P・P・O・N」という文字が隠されている(名無しさん / YouTube)

投稿者:KM(管理人) 投稿日時:2006-06-30(金) カテゴリー:動画(一般) このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

コメント

チェーン

こんなに小さく削れるなんてスゴイ...
2006-06-30(金) 07:26:52

√3

ん?
これ前にもここで紹介されてませんでした?
2006-06-30(金) 08:28:19

イ㌔

√3さん
もしかしたら紙幣のトリビアかも・・

紙幣にも日本って書いてあったりしましたよね
2006-06-30(金) 16:31:19

To

紙幣のトリビアのコメントだったかに
確かこのネタのリンクが張られていたような・・・
2006-06-30(金) 17:45:12

くーる

貨幣の鋳造技術の素晴らしさ、おそらく500円玉の金型を作ったであろう職人の技術、日本の誇るべきチカラですね。
2006-06-30(金) 22:04:19

チェルド@東京

500円玉に何かあるかと思ってずっと探し続けてたけどNを見つけてただの傷だと認識した俺が馬鹿だったorz
米一粒に字を書ける人も存在してるくらいだけど機械でこんなの作れるんだ・・・・・。
2006-07-01(土) 03:12:37

√3

日本人は手先と機械を作る力が凄いという象徴ですね
2006-07-01(土) 11:16:36

イ㌔

この技術をつかってテストをカンニング・・・(ぁ
2006-07-01(土) 19:30:59

コメントを投稿

 投稿ボタンは一度だけ押してください。
 他の人の気分を害する内容、荒れを招く恐れのある内容は削除や規制を行う場合があります。
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。