星を見る人 トップページへ戻る

携帯電話ウイルス「Cabir」が世界陸上選手権大会で感染拡大中

世界陸上の会場でブルートゥース感染広がる
国内初の事例 - 携帯電話「Vodafone 702NK」にCabirウイルスが感染した事件は有名ですが、陸上世界選手権を開催中のフィンランド『ヘルシンキ五輪スタジアム』で、携帯電話ウイルス『Cabir』が猛威を振るっています。

ブルートゥース対応の媒体されあればネットワークを介して広がるこのウイルスは自動感染型です。

そのため、会場内でブルートゥース対応機種を持っている人が感染、自国に持ち帰ってさらに感染を拡大させることがフィンランドのF-Secureのウェブログ(日本語に翻訳)で懸念されていて、実際に感染報告もいくつか報告されています。

スタジアムでは現在、F-Secureのスタッフが感染した携帯電話のワーム駆除に当たっているとのこと。

▽ 以前のCabirウイルスの話題
ドコモ、ウイルス感染を防ぐ「M1000」向け最新パターンデータを提供
ウイルス対策専門家:「トヨタのプリウス、Cabirワームの攻撃にビクともせず」
新種が一挙に52種、Symbian OS搭載機を狙った携帯電話ウイルス

投稿者:KM(管理人) 投稿日時:2005-08-12(金) カテゴリー:ネットワーク このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

コメント

コメントを投稿

 投稿ボタンは一度だけ押してください。
 他の人の気分を害する内容、荒れを招く恐れのある内容は削除や規制を行う場合があります。
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。