星を見る人 トップページへ戻る

ニコニコ生放送がFMEに対応し、高画質で滑らかな映像配信が可能に

高画質・高音質で放送する (ニコニコ生放送ヘルプ)
ニコニコ生放送のシステムがFME(Flash Media Encoder)に対応しました。

Adobeのアカウントは登録にメールアドレスが必要ですが、メールで認証云々することはなかったので適当なアドレスでも通るようです。

従来と異なり、クライアントサイドにて「質の良いフォーマット」でエンコードしてから配信サーバに渡すことができるようになり、同じ帯域幅でも高画質を保ったままフレーム数を出せるようになったようです。

逆を言えば従来では、いくら配信ツールの連携や設定を吟味しても、サーバ側で高品質なエンコード処理がされないため、高画質を保ったままの高フレーム数は出すことができませんでした。サーバ側で対応してない理由は、恐らくエンコードに負荷がかかるためだと思います。

FMEではその他柔軟な映像品質設定、画像の変化が激しいとビットレートを自動で調整してくれる機能や、音声のステレオ対応など豊富に設定できます。FME機能はエンコード負荷がかかっても問題ない環境であれば利用した方が良いでしょう。


■私の現在の設定値(推奨値384kbpsギリギリ)です
FME(Flash Media Encoder)

投稿者:KM(管理人) 投稿日時:2010-05-15(土) カテゴリー:ニュース(単独) このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

コメント

コメントを投稿

 投稿ボタンは一度だけ押してください。
 他の人の気分を害する内容、荒れを招く恐れのある内容は削除や規制を行う場合があります。
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。