星を見る人 トップページへ戻る

日本の借金時計

日本の借金時計
『日本の借金』時計

日本の借金(国債)をカウンタにしたものです。
面白いほど見る見る内にどんどん増えていき
日本国民一人辺りの負担も増え続けていく様子がうかがえ
日本がどれだけ危ないかを知ることができます。

2002年度末に657兆円だった日本の借金が
2003年度末に686兆円に増加。
現在では既に700兆円を超えています。

国にもっとお金があればわざわざ他から借りるまでもないのですが
ないがために借りているわけです。そしてそのお金の返済が間に合うはずもなく
返すためには、また他からお金を借りるしかありません。
たったこれだけでも利息分が積み重なっていきマイナスを辿る一方です。

一つの解決手段として手っ取り早いのが「紙幣を大量に発行する」ことですが
紙幣を大量に発行するならば当然、1万円札を誰でも見る機会が増えるわけですから
1万円自体の価値が下がる(インフレといいます)ので有効な手段ではありません。

あれ?日本はどうやってこの700兆円もの借金を返すのでしょうか。

■ 関連リンク
国と地方の借金総額1000兆円超の見通し
04年末の国の借金、過去最大の751兆円

投稿者:KM(管理人) 投稿日時:2005-03-28(月) カテゴリー:雑記 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

コメント

コメントを投稿

 投稿ボタンは一度だけ押してください。
 他の人の気分を害する内容、荒れを招く恐れのある内容は削除や規制を行う場合があります。
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。