星を見る人 トップページへ戻る

Webブラウザ「Internet Explorer 7(IE7) 」の日本語版が提供開始

「Internet Explorer 7」の日本語版がリリース
本日、IE7の日本語版がリリースされました。対応OSはWindows XPおよびWindows Server 2003。

フィッシング対策、セキュリティステータスバー、タブブラウザ、クイックタブ、高度な印刷機能、サーチエンジンへの対応、ActiveXオプトイン、閲覧履歴の削除(パスワード、フォームデータ、Cookie)、RSS対応など新機能が多く追加されており、IE6と比べると機能が格段に上がっています。

2007年4月のWindows Update(Microsoft Update)で一斉に自動配布されることになっていますが、当面は自分で配布サイトに行ってダウンロード・インストールする形になります。

なお、Windows Media Player 11 日本語版は2007年1月公開予定とのことです。

■IE 7ダウンロードサイト
http://www.microsoft.com/japan/windows/ie/default.mspx

■Webブラウザ脆弱性情報
 「Firefox 2」に新たなサービス拒否脆弱性
 今度はIE 6――新たな脆弱性情報と実証コード公開
 「IE 7の脆弱性」認識めぐりSecuniaがMS批判

投稿者:KM(管理人) 投稿日時:2006-11-02(木) カテゴリー:ブラウザ/メーラー このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

コメント

コメントを投稿

 投稿ボタンは一度だけ押してください。
 他の人の気分を害する内容、荒れを招く恐れのある内容は削除や規制を行う場合があります。
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。